« 【コンセプチュアル講座コラム】プロジェクトの結果を見通すコンセプチュアル思考 | メイン

2019年9月10日 (火)

【コンセプチュアル講座コラム】VUCA時代を生き抜く

バックナンバーはこちら https://mat.lekumo.biz/ppf/conceputual_col/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

Conceutual3

◆はじめに
9月13日に開催する第6回のコンセプチュアルスキル講座説明会(大阪は9月20日)は、VUCAをテーマに行います。
このメルマガでも何度か書いていますが、VUCAは
「Volatility」(変動性:変化が激しく不安定)
「Uncertainty」(不確実性:問題や出来事の予測がつかない)
「Complexity」(複雑性:多数の原因や因子が絡み合っていること)
「Ambiguity」(曖昧性:出出来事の因果関係が不明瞭で前例もない)
の頭文字をとった言葉(概念)ですが、この10年くらい、ビジネスの世界でもこういう現象が目立つようになってきました。折角ですので、コラムで共有しておきたいと思います。
 

◆VUCA時代を生き抜くマネジメントやリーダーシップ
それに対応して、VUCA時代を生き抜く方法といった情報発信もみられるようになってきました。このコラムでは、いくつか紹介してみたいと思います。最初は、スタンリー・マクリスタル将軍の2014年のASTD基調講演で述べられたものです。
「VUCAの世界で生き残るために求められるポイント」(2014年のASTD基調講演)
・予測できるという傲慢さ(predictive hubris)を捨てる
・組織的な適合性(organic adaptability)を高める
・共有化された意識と権限委譲による実行(shared consciousness & empowered execution)
次は、Berlitz Global Blogの2015年に掲載された「VUCAとはなにか?打ち勝つ人材の3つの資質」という記事です。
1. 予測不能な事態や障害は当然起こり得るものと考えている (Accepts)
2. 目標へのシナリオを常に考え、必要に応じて随時書き換える(Thinks)
3. 未来の自分が最良の判断ができるように、現在できることを最大限する(Takes action)
さらに、2017年にはグロービス経営大学院学長の堀義人さんが、日本経済新聞に「 「VUCA」時代、リーダーに重要な4つの言葉」というタイトルで
「Vision」:未来の青写真を描く
「Education」:日々アンテナを張って、データを自分なりに解釈し、知恵を持った人と議論を重ね、新しいテクノロジーや経営手法を学ぶ
「Dialogue」:意識的に自分と対極にある様々な職業や地域の人と対話を重ねる
「Action」:確実に行動する
の4つが重要だという記事を書かれています。
4つ目にに紹介するのは、日本IBMの部長である河野英太郎さんがTHE 21 Onlineで、「先の見えない時代に成果を出すための「4つのスキル」という記事で、
1.限られた時間で成果を出す
2.答えのない問いに答えを出す
3.多様なメンバーをまとめる
4.働き方の持続可能性(サステナビリティ)を高める
が重要だと指摘されています。

◆VUCA時代の働き方
また、リーダーに限らず、人材像を示した記事もあります。Earth lab、KACHITSUKUなどのキャリア系のメディアがVUCAについてまとめた記事がそうです。
Earth labは、「激動の時代を生き残るために必要な5つのアクション」という記事で、リーダーに限らず、こういう行動ができればVUCA時代に活躍できるかを示しています。以下の5つです。
・アンテナを広く張って情報収集をする
・アイデアがあれば即実行
・疑問を持ち続ける
・学び続ける
・明確なビジョンを持つ
さらに、KACHITSUKUも同様の視点で「VUCA時代で成功する人材の7つの特徴」という記事で、以下の7つだと指摘しています。
・未知のものに対して怖いではなく興味を持てる人
・アウトプットを意識しながら学習し続けられる人
・仕事が楽しくて勤務時間外でも常に頭で考えている人
・明確なビジョンがあり行動に移せる人
・新しい枠組みを構創できる人
・主体性が強くやり抜く力が強い人
・他者の感情を動かすのがうまく周囲を巻き込んで成果をだせる人
なお、記事のURLは最後にまとめて掲載しておきますので、興味があるものがあればご参照ください。
 
◆コンセプチュアルスキル講座説明会のご案内
ということで、この議論の続きは、第6回コンセプチュアルスキル説明会で行いたいと思います。
興味がある方は、ぜひ、ご参加ください!
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆第6回 コンセプチュアルスキル講座説明会(無料)
              ~コンセプチュアルリーダーを目指す◆(3PDU's)
  日時・場所:【東京】2019年 09月 13日(金)  13:30-16:30(13:10受付開始)
            銀座ブロッサム中央会館(アクセス)東京都中央区
        【大阪】2019年 09月 20日(金)  13:30-16:30(13:10受付開始)
            大阪市中央公会堂(アクセス) 大阪市北区
  講師:好川哲人(プロジェクトマネジメントオフィス)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/20190913.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】
 1.リーダー行動とコンセプチュアルスキル(インプット、60分)
 2.コンセプチュアルリーダーになるには(ワークショップ、90分)
 3.コンセプチュアルスキル講座とコンセプチュアル・マネジメント講座のご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
また、コンセプチュアルなプロジェクトマネジメントについても以下の講座の開催が決定しています。
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンセプチュアルなプロジェクトマネジメントのポイント      ◆(7PDU's)
  日時:2019年 09月 12日(木)  10:00-18:00(9:40受付開始)  
  場所:銀座ブロッサム中央会館(アクセス)東京都中央区
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_pm.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】                     
 1.VUCA時代に必要なコンセプチュアルなプロジェクトマネジメント
 2.プロジェクトへの要求の本質を反映したコンセプトを創る
 3.コンセプトを実現する目的と目標の決定
 4.本質的な目標を優先する計画
 5.プロジェクトマネジメント計画を活用した柔軟なプロジェクト運営
 6.トラブルの本質を見極め、対応する
 7.経験を活かしてプロジェクトを成功させる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆参考資料
【Berlitz Global Blog】「VUCAとはなにか?打ち勝つ人材の3つの資質」(2015/2/12)
【堀義人】「「VUCA」時代、リーダーに重要な4つの言葉」(日本経済新聞、2017/1/11)
【河野英太郎】先の見えない時代に成果を出すための「4つのスキル」(THE 21 Online、2019/03/04)
【KACHITSUKU】VUCA時代で成功する人材の7つの特徴(2019年3月14日)

コメント

コメントを投稿

PMstyle 9月~2020年3月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。