« 【新連載!】本質カフェ~第3回 常識に縛られる原因の本質(テーマ2) | メイン | 【コンセプチュアル講座コラム】VUCA時代を生き抜く »

2019年9月 3日 (火)

【コンセプチュアル講座コラム】プロジェクトの結果を見通すコンセプチュアル思考

バックナンバーはこちら https://mat.lekumo.biz/ppf/conceputual_col/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

Conceutual3

◆プロジェクトにおける判断の評価
プロジェクトの途中で行う判断の評価は、正解はなく、その評価はプロジェクトが終わるまで分からない場合がほとんどです。
PMBOK(R)では計画があり、計画通りいかなければ、判断は間違っていたと評価されがちです。例えば、トラブルが起こり、スケジュール遅れが発生したとしましょう。そこで、計画を変更し、新しい計画で進めていくことにしました。
ところが、しばらくするとさらにスケジュールが遅れてきました。このときに、契約変更の意思決定や、新しい計画の判断は適切ではなかったという評価がされがちです。
この評価は適切なのでしょうか?
これはプロジェクトの性格によります。予め流れが読めて、以前の実績でほぼ、実施できそうなプロジェクトであれば、計画を実行できれば成功だと考えることができ、仮に何らかのトラブルで計画変更をしても、変更した計画通りに進めることができれば、成果は得られ、成功すると考えられます。
 

◆VUCA時代のプロジェクトにおける判断の評価は目的の実現度
しかし、VUCA時代のプロジェクトは、そもそも、計画通りに進めれば成功だといえるような計画が作れることは多くありません。たとえば、製品開発のプロジェクトであれば、プロジェクトを進めているうちに、市場のニーズが変わってきて、開発しているものの価値が減少するといったことは頻繁にあります。
つまり、スコープ計画やスケジュール計画はプロジェクトの実行前の最適化であり、最後まで最適であるという保証はないのです。
では、何を実現できればプロジェクトは成功だと考えることができるのか。
それはプロジェクトの目的です。プロジェクトの目的の実現度合が大きければ大きいほど、プロジェクトは成果を上げたと考えることができます。
ここで注意した方がいいのは、目的を実現するための設定している目標も変わっている点です。計画の最適性が変わるのはこのためです。

◆プロジェクトの内外の状況を統合して見通す
さて、冒頭の問いについて、VUCA時代のプロジェクトで考えてみましょう。計画を変更して、その計画に従ってプロジェクトを進めていくことが正解かどうか分かりません。それによってどれだけ目的の実現度が変化したかによって評価できますが、これは結局、そのプロジェクトが終わってみないと分からないのです。
問題はどうすれば、プロジェクトマネジャーとしてプロジェクトの途中でそのプロジェクトの結果を見通すことができるかです。手法的にはシナリオプラニングなどを活用することができますが、どれだけ適切なシナリオを考えられるかにかかってきます。
そのために必要なのはプロジェクトの内外を含めてさまざまな点に注目し、それらの情報を統合する思考です。つまり、コンセプチュアル思考なのです。
 

◆セミナーのご案内

PMsytleでは、コンセプチュアル思考のポイントをより深く学ぶセミナーを開催しています。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアル思考のポイントと活用~VUCA時代の思考法◆(7PDU's)
  日時:2019年 09月 11日(水)  10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/conceptual_thinking.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                     
  1.コンセプチュアルスキルとコンセプチュアル思考
  2.コンセプチュアル思考のモデル
  3.コンセプチュアル思考の実際
  4.コンセプチュアル思考を応用した活動
  5.コンセプチュアル思考でビジネスが変わる
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
※個人で受講料を負担されている方は、受講料が50%引きになる個人受講割引を
ご利用ください。

また、プロジェクトマネジメントにおけるコンセプチュアル思考の活用方法を学ぶセミーも実施しています。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンセプチュアルなプロジェクトマネジメントのポイント   ◆(7PDU's)
  日時:2019年 09月 12日(木)  10:00-18:00(9:40受付開始)  
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区))
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/conceptual_pm.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】                     

 1.VUCA時代に必要なコンセプチュアルなプロジェクトマネジメント
 2.プロジェクトへの要求の本質を反映したコンセプトを創る
 3.コンセプトを実現する目的と目標の決定
 4.本質的な目標を優先する計画
 5.プロジェクトマネジメント計画を活用した柔軟なプロジェクト運営
 6.トラブルの本質を見極め、対応する
 7.経験を活かしてプロジェクトを成功させる

コメント

コメントを投稿

PMstyle 9月~2020年3月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。