« 【PM2.0事始め】第16回 プロジェクトスポンサーはエグゼクティブであれ | メイン | 【補助線】「プロジェティスタ」 再起動 »

2012年2月13日 (月)

【10周年】第1回「ゲームストーミングを活用したプロジェクト活性手法」の様子

2月11日にPM養成マガジン10周年記念セミナー第1回「ゲームストーミングによるプロジェクト活性手法」のワークショップ、54名の方が参加され、盛会のうちに終了しました。

ファシリテータは国際大学GLOCOM主幹研究員「イノベーション行動科学」プロジェクトリーダー、富士ゼロックス株式会社 KDI(ナレッジ・ダイナミクス・イニシアティブ) シニア マネジャー、K.I.T.虎ノ門大学院ビジネスアーキテクト専攻 客員教授といろいろな活動をされている野村恭彦さんでした。

P2110070(ゲームの進め方を説明する野村さん)


まず、オープニングはTrading Cards。

・ポストイットに自分の1)名前、2)別名、3)似顔絵、4)何に夢中かを描く
・4人組で見せ合い、お互いを理解するQ&Aを行う
・全員の自己紹介ポストイットを壁に貼り出す

というアイスブレークです。

次は、3-12-3 Brainstorming。3-12-3 Brainstormingは

・4人組で、思いついたアイディアをできるだけたくさん付箋に書く
・2人1組に分かれ、ランダムに3枚の付箋を取りアイディアを発展させる
・2人×2人で発表し合う

というゲームです。このゲームを

「あなたのプロジェクトを創造的に進めるための課題は何?」

をテーマに行いました。

さらに、3-12-3 Brainstormingで抽出された課題に対して、The Anti-Problemを行いました。このゲームは、今抱えている問題とは正反対の問題の解決法を考えることで、現在の解決策のどこがいけないのか、突き止めるゲームです。ゲームの流れは

・4人組で、先ほどの6つの課題から1つを選び、その逆の課題を定義する
・アンチプロブレムの解決策をできるだけ多くポストイットに書く
・気づいたことをチームで話す

というものです。The Anti-Problemがすぐに使えると思った人が多かったようです。ここまでが前半。

後半は、“Empathy Map” 共感図法から始まりました。共感図法は

・4人組の中から誰か一人のプロジェクトを選び、エンドユーザの名前と、その人がどんな人かを書く
・フォームと同じように、模造紙に顔の絵と分類の線を引く
・エンドユーザに聞こえるもの、考えていること、感じていること、していること、言っていること、見えるものをポストイットで貼っていく

という流れで進みます。そして、Bodystorming。Bodystormingは即興劇で、

・4人それぞれの配役を決める。一人はエンドユーザ、あとの3人は何か?
・お互いに劇を披露し合うため、2チームで組む
・即興劇を演じる(3分×2回)

という流れで進めます。今回は、「エンドユーザと一緒に作り上げるプロジェクトの進め方!」をテーマに行いました。傍から見ている分にはこのゲームが一番、盛り上がっていたように見えました。 P2110090(寸劇の様子)


そして最後。“Memory Wall” 思い出の壁でした。今日のたくさんの想い出が張り出されました。

P2110118(今日の想い出)

最後に野村さんから、何か使えそうだと思った人という質問に、ほぼ、全員手を上げていました。ぜひ、プロジェクトで活用していただければと思います。

なお、途中、野村さんから今回の参加者が中心になり、ゲームストーミングのコミュニティfacebookページを作ろうという提案があり、さっそく作りました。ぜひ、ご参加ください!

ゲームストーミングの広場 www.facebook.com/gamestorming

また、ゲームストーミングについてより詳しく知りたい方は本を読んでみてください。

Dave Gray、Sunni Brown、James Macanufo(野村 恭彦監訳、武舎 広幸、武舎 るみ訳)
ゲームストーミング ─会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲーム」、オライリージャパン(2011)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31147543

【10周年】第1回「ゲームストーミングを活用したプロジェクト活性手法」の様子を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

PMstyle 4月~9月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。