« 【補助線】権限は奪うもの | メイン | 強い個を前提にしたリーダーシップ »

2006年12月12日 (火)

メンバーの上司として心得るべきこと

嶋津 良智「あたりまえだけどなかなかできない 上司のルール
   

「あたりまえだけどなかなかできない」

まさに、そんな行動ルールが並んでいる。なかなかできないから、できるようになれば差をつけることができる、メンバーから尊敬の目で見られる。

そんな自分の姿を目指して、この本を読んでみよう。

さて、話は変わるが、プロジェクトマネジャーはメンバーに対して対等な関係を意識する人が多い一方で、実はメンバーはプロジェクトマネジャーを上司として認識しているケースが多い。

この事実を踏まえておかないと、プロジェクトマネジメントはうまく行かないだろう。プロジェクトマネジャーであるとともに、メンバーの上司であることを心得よう。

Forest_1  「ビジネス書の杜」の書評はこちら。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31148795

メンバーの上司として心得るべきことを参照しているブログ:

» 2月末で販売完全終了します。秘密兵器驚愕の投資法。サラリーマン、主婦、OL、学生さん (あなたに見てほしい)
驚きのFX投資法FXで儲けるのは簡単なことです。あるルールを知っていれば!最強のツールがこれ2月末で完全販売終了です。後悔しないように。凄いですよ。これは [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

PMstyle 2017年9月~2018年3月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。