« 【10周年】10周年記念セミナー終了 最後にクロージングイベントやります! | メイン | ≪サプリ343≫自主性を手にいれる »

2012年12月15日 (土)

≪サプリ342≫権限と責任のギャップが価値である

責任と権限とがイコールであれば、その人の価値はあまりない
                          (清水勝彦、慶応義塾大学大学院経営管理研究科教授)

Supple

【成分】
◆RRAA
◆権限は成果責任より小さくする
◆ギャップは影響力で埋める
◆影響力の副次的効果
◆権限が足らないのでよい仕事ができる

【効用】
・PM体質改善
  PM体質の全般に対して効果があります
・PM力向上
  PM力向上の全般に対して効果があります
・トラブル緩和
  モチベーション向上、チームの士気向上

このサプリの購入はこちらから!1か月分、500円です。

【解説】

ガバナンスの基本的な考え方は現場にはできるだけ権限を与えないことです。背後に、現場に権限を与えすぎると組織そのものが弱体化するという考えがあります。

このため、プロジェクトではプロジェクトマネジャーに与えられる権限が権限が少なく、多くのプロジェクトマネジャーはもっと権限が欲しいと考えます。

ただ、ここで考えなくてはならないことは、本当に権限があれば、責任を果たすことができるのでしょうか?ここは微妙なところです。少なくとも、現在のやり方よりも人や予算のリソースを使うようになることは間違いないでしょう。その結果、スケジュールは短縮されるかもしれません。品質は微妙なところです。

経営の立場からみた、この問題に対する健全な考え方は、権限を十分に与えず、そこは影響力(リーダーシップ)でカバーさせることです。現場の立場からみても、そのような状況の方がよい結果が生まれることでしょう。その根拠は、制約がより高い成果を生むからです。

そんな思いで書いたサプリです。

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31147231

≪サプリ342≫権限と責任のギャップが価値であるを参照しているブログ:

コメント

権限の付与を上手くで来ない言い訳に安住するための詭弁である悪寒がします。
仮に、経営者から権限を剥奪すれは、経営はもっと改善するのでしょうか?

コメントを投稿

PMstyle 2024年6月~8月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。