« 【戦略ノート297】続・「センス」について考える | メイン | 【10周年】新しい時代のプロジェクトリーダーのリーダーシップ »

2012年11月 5日 (月)

≪サプリ338≫具体的な計画がゴールにたどり着く確率を上げる

計画が細部まで具体的になっていればいるほど、より高い確率でゴールまでたどり着
ける(河原慎也、コンサルタント)

Supple

【成分】
◆計画がなくても業務はできる
◆経験があれば、細かな計画は要らない?
◆経験はあっても、計画があると成功確率が上がる
◆具体的な計画はリスクマネジメントも向上させる
◆具体的な計画を作るには

【効用】
・PM体質改善
  PM体質の全般に対して効果があります
・PM力向上
  PM力向上の全般に対して効果があります
・トラブル緩和
  モチベーション向上、チームの士気向上

このサプリの購入はこちらから!1か月分、500円です。

【解説】

プロジェクトを実施するには計画を作って当たり前という感じになってきました。確かに「計画らしきもの」は作っていますが、本当に計画を作っていると言えるのでしょうか?

組織として計画を作り承認しなければ着手できないので、通り一遍の計画を作っているというプロジェクト(マネジャー)は少なくありません。

ルールだから作っているのであって、必要性を感じて作っているわけではないわけです。このような人たちの多くは、経験のある業務をプロジェクトとして行っており、実際問題として(詳細な)計画はなくても業務を遂行することはできるのです。だから、計画に時間をかけることは時間の無駄だ、そんなことをする時間があればプロジェクトの作業に時間を割くべきだと考える人は、実はいまだに結構たくさんいます。

だから、計画を作ることが無意味かといえば、そんなことはありません。計画を作れば、プロジェクトの目標を達成できる可能性が高くなります。プロジェクトでは、確実にゴールが達成できるわけではないので、この可能性の問題というのは、非常に重要なのです。

そんな問題意識で書いたサプリです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31147253

≪サプリ338≫具体的な計画がゴールにたどり着く確率を上げるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

PMstyle 2024年6月~8月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。