« 【イノベーションを生み出すマネジメント】第14話 イノベーションの進捗管理 | メイン | センスのよいプロジェクトマネジャーの10の特徴~第3回(第2の特徴)自分の行動を他人の視点から振り返り、修正する »

2013年3月26日 (火)

≪サプリ355≫適応のためには柔軟な発想が必要

企業が高い適応力を発揮するには、柔軟な発想が求められる
(ゲイリー・ハメル、ロンドンビジネススクール客員教授)

Supple【成分】
◆適応力とは
◆計画をみれば、プロジェクトマネジメントへの適応が分かる
◆メンバーの作業を止めるのか
◆適応できている企業
◆適応できていない企業
◆適応する方法

【効用】
・PM体質改善
  リーダーシップ発揮、自信をつける、顧客感度アップ、問題解決能力向上、
・PM力向上
  ピープルマネジメント力向上、チームをまとめる力の向上、リスク対応力向上
・トラブル緩和
  モチベーション向上、チームの士気向上

このサプリの購入はこちらから!1か月分、500円です。

【解説】

著者の古くからの知人である浦正樹さんが新著「実行に効く計画の技術」という本を出版し、少し、計画に関して議論をする機会がありました。その議論の中で感じたことを、ゲイリー・ハメルの視点を借りて整理してみました。

まず、何のために計画を作るかと言うと、プロジェクトをコントロールすることにより、柔軟なプロジェクト運営をするためです。ここを勘違いしてはなりません。

その上で、計画の問題の本質は、計画を巡っては、計画を作っている目的がはっきりしないままで計画を作っている。このためコントロールに使える計画になっていない。
使えないので、計画に時間を書けない。だから、余計に使えない計画しか作れないというものです。

この背景には、計画するという行為と、計画書のギャップもあるのだろうと思います。
今でもそうですが、プロジェクトマネジメントを導入するメリットの中で見える化を上げる人が多くいます。これはそのとおりです。

ただし、アジャイルのようなタスクの見える化に比べると、プロジェクトの見える化ははるかに難しい仕事です。プロジェクトを見える化しようとすれば、意味のある計画をして、その計画を尺度にした進捗管理をする必要があります。たとえば、不適切な見積もりに基づいて作ったスケジュールで見える化をすれば、あるのは害だけです。

本当に見える化が有効な手段だと思うなら(僕はそう思っている)、手間をかけて、計画する必要があります。

そのような問題意識で書いたサプリです。

コメント

コメントを投稿

PMstyle 2024年6月~9月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。