« センスのよいプロジェクトマネジャーの10の特徴~第2回(第1の特徴)ステークホルダの期待を把握するのがうまい | メイン | 【イノベーションを生み出すマネジメント】第14話 イノベーションの進捗管理 »

2013年3月25日 (月)

≪サプリ354≫コミュニケーションの目標は行動

すべてのコミュニケーションの目標は行動にある(ジョン・マクスウェル、メンター)

Supple【成分】
◆なぜ、コミュニケーションの問題に気づかないのか
◆コミュニケーションこそ、最大のリスク
◆コミュニケーションに対する認識
◆コミュニケーションに目的意識を持つ

【効用】
・PM体質改善
  アカウンタビリティ向上、リーダーシップ発揮、実行力向上
・PM力向上
  ピープルマネジメント力向上、ステークホルダをコントロールする力の向上、
  ビジネスセンスアップ
・トラブル緩和
  モチベーション向上、プロジェクトにおける辛さの克服

このサプリの購入はこちらから!1か月分、500円です。

【解説】

コミュニケーションの問題は古くて新しい問題です。分かっているけど、改善されない問題だと言ってもいいでしょう。プロジェクトマネジメントの普及とともにプロジェクトの失敗はだんだん減ってきていますが、失敗したプロジェクトで原因分析をすると必ずといっていいくらいコミュニケーションの問題が出てきます。コミュニケーションこそがプロジェクトの最大のリスクだといっても過言ではありません。

その一つの原因は管理のしにくさにあります。ベースラインのように計画をつくれば予実をチェックして管理するのが難しいのがコミュニケーションで、結局、プロジェクトが終わってみて振り返りをするとあそこで相談しておくべきだったといった反省が出てくることが多いのです。

この問題を解消するには、コミュニケーションに目的意識を持つことが重要ですが、これはそんなに難しいことではありません。コミュニケーションの目的は常に相手を動かすことにあるからです。

そんな問題意識で書いたサプリです。

コメント

コメントを投稿

PMstyle 2024年5月~8月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。