★コンセプチュアル・プロジェクトマネジメント講座 Feed

2014年10月21日 (火)

【プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにしよう!】第10回(最終回) プロジェクトマネジャーとしてのコンセプチュアルスキルを高めるには

バックナンバーはこちら http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_pm/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Concept6_2

◆連載の振返り

今回で最終回なので、これまでの振返りをしておく。第1回でコンセプチュアルスキルとは何かという説明をし、第2回以降、プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにする7つのポイントを述べた。以下の7つである。

(1)PMBOK(R)を実行するにはコンセプチュアルスキルが不可欠
(2)プロジェクトで起こりそうな問題を予測する
(3)実行できる計画を作る
(4)プロマネやエンジニアとしての過去の経験を活かす
(5)トラブル発生時の厳しい制約の中で、創造性に富んだリカバリーのアイデアを出す
(6)コミュニケーションを向上させる
(7)プロジェクトのインパクトを大きくする

そして、前回はプロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにするにはプロジェクトの本質を見抜き、本質を実現する方法を考え、プロジェクトマネジメントの方針を決めることが重要であることを述べた。プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにするにはプロジェクトの本質を見極めることに尽きるといってもよい。

こちらでバックナンバーが読めるので、忘れている人はぜひ、もう一度、お読みいただきたい。

「プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにしよう!」バックナンバー

続きを読む »

2014年10月 6日 (月)

【プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにしよう!】第9回 プロジェクトの本質を見極め、プロジェクトマネジメントの方針を決める

バックナンバーはこちら http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_pm/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「PMBOK(R)はすべてやらなくてはならないのか」という疑問

Mokuteki前回で一応、7つのポイントについての検討が終わったが、最後にこのように考えてマネジメントを行うというのが何を意味しているかを考えてみたい。

古くて新しい話題だが、PMBOK(R)が日本でも注目されだしたときに、

すべてのプロセスをこの通りにやらなくてはならないのか

という議論が沸き起こった。この議論はPMBOK(R)という新しいシステムに直面した人が大変だと率直に感じたことに端を発するのだと考えている。この議論に対してはそうではなく、必要なところだけを取り込めばよいという「定説」で決着しているように思っている人がいると思うが、当時、なぜ、こんな議論になったかというと、プロジェクトマネジメントとは何をすればよいか分かっていなかったからだ。

こんな言い方をすれば身も蓋もないのだが、当時の状況を振り返ってみると、原因は言及しないがPMBOK(R)がプロジェクトマネジメントだと思う人が大量発生した。そして、プロジェクトマネジメントをどこまでコストをかけてやらなくてはならないかという問題意識の中から、PMBOK(R)をすべてやらなくてはならないのかという疑問が出てきたわけだ。



続きを読む »

2014年9月30日 (火)

【プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにしよう!】第8回 コンセプチュアルがプロジェクトのインパクトを大きくする

バックナンバーはこちら http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_pm/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆プロジェクトのインパクトを大きくする

Impact

いよいよ、7番目のポイントで、

(7)プロジェクトのインパクトを大きくする

について議論する。

これがプロジェクトマネジメントがコンセプチュアルでなくてはならない最大の理由でもある。

続きを読む »

2014年9月 9日 (火)

【プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにしよう!】第7回 コンセプチュアルスキルでコミュニケーションの質を上げる

バックナンバーはこちら http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_pm/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Communicatio◆コミュニケーションの質が上がればプロジェクトの成功率は上がる

今回は6番目のテーマである

(6)コミュニケーションを向上させる

について考えてみたい。コミュニケーションはいうまでもなくプロジェクトマネジメントの生命線であり、コミュニケーションが機能しなくなればプロジェクトは間違いなく崩壊する。

逆にプロジェクトマネジャーの仕事の80%以上はコミュニケーションだといわれているように、コミュニケーションの質が上がればプロジェクトの成功の確率は高まる。コミュニケーションの質を上げるために、コンセプチュアルスキルを役立てることが今回のテーマである。

続きを読む »

2014年9月 8日 (月)

【プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにしよう!】第6回 創造的なアイデアを出す

バックナンバーはこちら http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_pm/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Seiyaku

◆プロジェクトマネジメントは制約の中で成果を最大化する

今回は、5番目のポイントである

(5)トラブル発生時の厳しい制約の中で、創造性に富んだリカバリーのアイデアを出す

について考えてみる。

本誌の有料版のPM養成マガジンプロフェッショナルで、2005年の秋からPMサプリというシリーズをはじめて、もう10年になる。このシリーズはPM力強化につながる読むサプリをコンセプトにこれまでに400話強を書いてきたが、その中で出てくる単語ベスト5の中に、プロジェクトとか、マネジメントとかと並んで出てくるのが「制約」という言葉である。

プロジェクトマネジメントのトライアングルが示すように、プロジェクトマネジメントはプロジェクトの制約を守りながらプロジェクトの成果を最大化するための活動で
ある。

続きを読む »

2014年8月26日 (火)

【プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにしよう!】第5回 経験から学ぶ

バックナンバーはこちら http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_pm/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Furikaeri1◆本当に経験から学べるのか

今回は、4番目のポイントである

(4)プロマネやエンジニアとしての過去の経験を活かす

について、振返りや、応用力など、いくつかの観点から考えてみたいと思う。まずは、振返りと学習という観点から考えてみたい。

よく経験から学ぶというが、本当に経験から学べるのだろうか。たとえば、2000年のIPMAのカンファレンスの論文で教訓がどの程度活用されているかを大規模な調査で調べた論文があるが、これによると

・教訓を誰かに伝える 50%
・教訓を活用する 25%

とある。つまり、教訓を実際に使っているプロジェクトは4つに1つに過ぎないというのだ。なぜか。

一つの原因は経験を情報としてそのまま取り扱っていることにあるように思う。つまり、必要なのは経験から学ぶことではなく、

経験を振り返ることで学ぶ

のだ。学ぶ鍵は振返りにある。プロジェクトマネジメントに関する学びも例外ではなく、そこにある。



続きを読む »

2014年8月25日 (月)

【プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにしよう!】第4回 プロジェクトの本質に焦点を定めた計画をする

バックナンバーはこちら http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_pm/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆コンセプチュアルな計画とは何か

Keikaku7

さて、今回のテーマは3番目のポイントで

(3)実行できる計画を作る

をコンセプチュアルな計画という視点から考えてみる。

そもそも、コンセプチュアルな計画とは何かというと、

目的の本質を見極めた計画

である。


◆標準と計画とテーラリング

ITプロジェクトや製品開発プロジェクトのように、日常的な業務をプロジェクト行っている場合には、そのプロジェクトで対象となる業務の標準が決まっている場合が多い。さらに、ITの場合には見積もりについても標準を決めている場合がある。この2つを組み合わせると、業務標準で段取りを決め、見積もり標準で所要工数やコストを決めるというのが計画の方法になる。

これでうまく行くのであれば問題ないが、一般的にいえば、同じようなプロジェクトは回数を重ねるほど高い生産性が期待されるため、いずれ標準的なやり方では制約の枠内に入らなくなってくる。

そこで標準には個々のプロジェクトの事情に合せてテーラリングをしてもよいといった注意書きがついていることが多いのだが、どうテーラリングをすればよいかが問題になってくる。



続きを読む »

2014年7月29日 (火)

【プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにしよう!】第3回 プロジェクトで起こりそうな問題を予測する

バックナンバーはこちら http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_pm/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆はじめに

Yosoku

前回はPMBOK(R)について、実行力の源泉がコンセプチュアルスキルという話をした。

今回は、コンセプチュアルスキルが役立つ2つ目のポイントとして

(2)プロジェクトで起こりそうな問題を予測する

について考えてみる。



続きを読む »

2014年6月16日 (月)

【プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにしよう!】第2回 PMBOK(R)とコンセプチュアルスキル 

バックナンバーはこちら http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_pm/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆はじめに

Cpm_3

前回

コンセプチュアルスキルがプロジェクトマネジメントにどのように役立つか

という問いについて


(1)PMBOK(R)を実行するにはコンセプチュアルスキルが不可欠
(2)プロジェクトで起こりそうな問題を予測する
(3)実行できる計画を作る
(4)プロマネやエンジニアとしての過去の経験を活かす
(5)トラブル発生時の厳しい制約の中で、創造性に富んだリカバリーのアイデアを出す
(6)コミュニケーションを向上させる
(7)プロジェクトのインパクトを大きくする

の7つのポイントを上げた。今回から何回かに分けて、それぞれについて詳しく検討していこう。まず、今回は(1)のPMBOK(R)の実行について。

続きを読む »

2014年5月30日 (金)

新連載【プロジェクトマネジメントをコンセプチュアルにしよう!】第1回 コンセプチュアルスキルはプロジェクトマネジメントにどう役立つか

バックナンバーはこちら http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_pm/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆1955年に提唱されたコンセプチュアルスキル

この数年、コンセプチュアルスキル(日本語では概念化スキル)の活動をしてきたが、プロジェクトマネジャーのコンセプチュアルスキルということで少し、整理して情報発信をしてみようと思った。月に1~2回というペースで書いていきたい。

Cpm

コンセプチュアルスキルとは何かというのは一言では言い難いものがあるので、おいおい、いろいろな形でイメージをお伝えしていくことにし、ここでは60年前(1955年)にコンセプチュアルスキルという考え方を提唱したロバーツ・カッツの定義を示すだけにしておく。カッツの定義は

コンセプチュアルスキルとは周囲で起こっている事柄や状況を構造的、概念的に捉え、事柄や問題の本質を見極め、行動するスキル

というものである。

この定義はある程度コンセプチュアルな人であればイメージ的に捉えてあればすっと入ってくると思うが、言葉の定義こだわりだすと、行動的とは何か、概念的とは何か、本質とは何かというあたりで引っかかり、かなり難しい定義である。

続きを読む »

PMstyle 2017年6月~10月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。