« ≪サプリ345≫顧客価値で値付けせよ | メイン | 【10周年】<持論アクティビティ>27名の持論の概要紹介(その1) »

2013年1月14日 (月)

≪サプリ346≫若者、バカ者、よそ者になろう

若者、バカ者、よそ者を目指そう(真壁昭夫、信州大学教授)

Supple

【成分】
◆イノベーションを阻害するもの
◆「若者、バカ者、よそ者」が突破する
◆イノベーションといってもすべて新しいわけではない
◆イノベーションリーダーのジレンマ
◆立場を利用する
◆新しいアイデアを古い袋に入れる

【効用】
・PM体質改善
  PM体質の全般に対して効果があります
・PM力向上
  PM力向上の全般に対して効果があります
・トラブル緩和
  モチベーション向上、チームの士気向上

このサプリの購入はこちらから!1か月分、500円です。

【解説】

イノベーションの掛け声は増えていますが、実際にイノベーションに取り組むとなると、さまざまな問題が立ちはだかるようです。業務的には通常業務が忙しくて時間がないという問題があります。これに対しては3Mやグーグルを模した強制的に通常業務以外の業務を行わなくてはならない時間を作るという方法に普及の兆しが見られます。

ところが、そんな時間をとってもいいテーマが出てくるかというと、ここに高い壁が立ちはだかります。よく創造性について言われますが、それ以前の問題として創造性の発揮を阻害しているものがあります。それが、過去の経験とか、価値感とか、しがらみです。

これらを乗り越える方法として、「若者、バカ者、よそ者」になりきるという方法があります。

ただし、たとえば、若者がやるからうまく行くといったものではありません。話はもっと複雑です。イノベーションリーダーには、社内の信用を欠かすことができないからです。そんな問題意識で書いたサプリです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31147209

≪サプリ346≫若者、バカ者、よそ者になろうを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

PMstyle 2017年12月~2018年3月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。