« 【補助線】トランジション~引き算のキャリアマネジメント | メイン | 【マネジャーのためのプロジェクトマネジメント:1】10歳の太郎君と40歳の太郎氏 »

2009年10月 8日 (木)

【補助線】プロジェクトマネジメントエグゼクティブ

◆プロジェクトマネジメントエグゼクティブとは

企業(組織マネジメント)には、エグゼクティブと呼ばれる人たちがいる。

エグゼクティブとは、組織運営に関して、「重要かつ決定的な意思決定を行っている人たち」で、一般的には上級管理職、経営幹部、重役などを指す言葉である。

これと同じようにプロジェクト(プロジェクトマネジメント)にもエグゼクティブと呼ばれる役割の人がいる。

プロジェクトマネジメントエグゼクティブの役割は

「プロジェクト運営に関する重要かつ決定的な意思決定を行っている人たち」

である。これは一体誰だろうか?

プロジェクトマネジャー?
プロジェクトマネジメントオフィス?
上位管理者?

◆プロジェクト運営に関する重要な意志決定とは

誰かを考える前に、プロジェクト運営に関する重要かつ決定的な意志決定とはどのようなものかを考えてみよう?計画か?トラブルの起こったとこきの判断か?

企業がプロジェクトを行う目的は、経営目標(戦略ゴール)を達成することに他ならない。そのように考えれば、重要な意志意志決定は何かという問題は簡単だ。戦略ゴールの達成に如何に貢献するかに尽きる。

まずは売り上げと利益。そのプロジェクトでどれだけの利益を上げるか、あるいは、どれだけの売り上げを上げるかが重要な意志決定その1だ。

次に戦略ゴールには、顧客との関係構築だとか、人材育成、独自技術の保有といった直接的に売り上げとは関係ないことが含まれているのが普通だ。すると、これらの目標設定をすることが重要な意志決定その2ということになろう。

また、別の側面からは、「プロジェクトマネジメントのやり方」を決めることは、そのやり方一つでプロジェクトの成果が大きく変わってくるという意味で、きわめて重要な意志決定だといえる。一言でいえば、プロジェクトマネジメントのオーナーシップだ。これが重要な意志決定3だ。

◆プロジェクトエグゼクティブは誰か?

このような重要な意志決定をする立場にある人が、プロジェクトマネジメントエグゼクティブだと定義できる。

経営の場合には、ある程度スタイルが決まっていますので、概ね、重役や経営幹部、上級管理職がエグゼクティブといえますが、プロジェクトマネジメントの場合には必ずしも、一般論として特定できない部分があります。ただ、あえて特定すれば

・マネジャー
・シニアマネジャー
・PMOマネジャー
・CPMO(プロジェクトマネジメントチーフオフィサ)

といった人たちになるだろう。

◆メルマガのご案内

今回、プロジェクトマネジメントエグゼクティブのためのメルマガを再創刊した。2年くらい前に創刊し、発行できていなかったメルマガの復活だ。コンテンツは

・戦略ノートエグゼクティブ
・マネジャーのためのプロジェクトマネジメント
・プロジェクトスポンサーシップ入門
・プロジェクトを成功させるミドルマネジメント
・プログラムマネジメント入門

などを予定している。

興味がある人は、ぜひご購読ください。購読はこちらから。

「PM養成マガジン・エグゼクティブ」
http://pmstyle.jp/honpo/magazine-executive.htm

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31148069

【補助線】プロジェクトマネジメントエグゼクティブを参照しているブログ:

» キャリアマネジメント 看護・・・だってさ (働きマンでお気楽かあさんで産業カウンセラー)
婚活サポート立命館を受験して落ちました。 他にめぼしいところに受かっていないので、近畿大学... 立命館を受験して落ちました。 他にめぼしいところに受かっていないので、近畿大学に後期C方式を受けようと思っているのですが、ボーダーはどれくらいですか?ちなみに学部は政策・経済・経営・キャリアマネジメントです。センターの得点率は78%です。 詳しい方がいたらよろしくお願いします。(続きを読む) 困った、ヘコんだ、元気になりたい・・・  あなたのカウンセラーを探そう 婚活にうまく使いたいステキサー... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

PMstyle 4月~9月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。