« 【補助線】PMBOKではプロジェクトXはできない | メイン | PMサプリ99:リーダーとはフォロワーに認められた人 »

2007年11月 8日 (木)

誰が誰のために存在するのか?

 メンバーはプロマネのために存在する
 プロマネはメンバーのために存在する

あなたはどちらがしっくりきますか?

もうひとつ、プロジェクトマネジャーとプロジェクトスポンサー(プロジェクトオーナー)。

 プロマネははプロジェクトスポンサーのために存在する
 プロジェクトスポンサーはプロマネのために存在する

これはどちらがしっくりきますか?

コメントをお待ちしています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31148505

誰が誰のために存在するのか?を参照しているブログ:

コメント

プロマネはメンバーのために存在し、かつプロジェクトスポンサーはプロマネのために存在する

しかしながらプロジェクトスポンサーは不定期かつ理不尽にメンバーをリプレースする権限を持つ

というねじれの関係にあるために、板ばさみになるプロマネは、強靭な芯を必要とする

と思います。

コメントを投稿

PMstyle 11月~19年3月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。