« 人材育成担当の必読本 | メイン | 情けは人のためならず »

2006年11月16日 (木)

トヨタ方式の真髄を知る一冊

4492555722_01__aa240_sclzzzzzzz_v3602165_1 若松 義人「トヨタ式ならこう解決する!―思考から仕事を変えるケースブック」、東洋経済新報社(2006)

お奨め度:★★★★

トヨタ方式を40ケース以上の他社の問題解決に適用した事例を、コンパクトにまとめた一冊である。

僕は若松さんの著作は好きなので、だいたい読んでいる。このブログでも何冊か紹介している。

言い方は悪いが、若松氏の著作を読んでいても、トヨタだからという思いが拭い去れない部分があった(エピソード的に他社適用の話が入っている本も少なくないが、、)。実際のところ、これはトヨタだからできるというのは少なくないと思っていた。

しかし、この一冊を読んで、むしろ、他社事例により、トヨタ方式の本質が分かったような気がした。特に、書き方が、自社に適用してみて、なぜトヨタ方式がよいかを分析するといった書き方になっているので、腑に落ちる。

同じ感触を持った本にトヨタウエイがあるが、トヨタウエイよりはこの本の方が腑に落ちる。その意味で貴重な本である。

【このブログで紹介している若松氏の他の本】

若松義人「最強トヨタの7つの習慣―なぜ「すごい工夫」が「普通」にできるのか

【トヨタウエイ】

ジェフリー・K・ライカー(稲垣公夫訳)「ザ・トヨタウェイ 実践編

■目次
第1章 命令ではなく「なぜ?」で人を育てる
第2章 競争と「調和」でコストをとらえる
第3章 論理より「気持ち」で言葉を選ぶ
第4章 「お客様を考える」前に「お客様と考える」
第5章 休みたい時にもう半歩だけ進んでおく
第6章 成功システムに「失敗」を組み込む
第7章 数字が出る前に現場に出向く

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31150775

トヨタ方式の真髄を知る一冊を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

PMstyle 2024年5月~8月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

アクセスランキング

カテゴリ

Powered by Six Apart

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google