« 2010年9月ベスト3 サムスンは本物か? | メイン | 「捌く」・「こなす」から「突破」へ »

2010年10月30日 (土)

「飽きる力」

実はこの1ヶ月ほど、ブログの更新をしていなかったので、数名の方からご心配のメッセージを戴きました。ありがとうございます。僕は元気です。

実は、ビジネス書の杜ブログだけではなく、他のブログやTwitterもほとんど更新していなかったので、余計にご心配をおかけしたのだと思いますが、ビジネス書の杜以外は業務と位置づけた活動ですので、単に他の仕事が忙しかっただけです。

ビジネス書の杜はちょっと事情が違います。

はっきりといいますと、ビジネス書なるものに「飽きて」きて、時間を費やしてまで読む価値がないと思うようになってきました。そんなときに、1冊の本を読みました。

4140883316 河本 英夫「飽きる力」、日本放送出版協会(2010)

この本を読んで、ビジネス書の杜にしろ、メールマガジンにしろ、長く続けることができているのは、僕に飽きる力があることに気付きました。

飽きるというのは悪いことではなく、進化のために必要なことだと思うに至りました。それがきっかけになって、また、新しい「ビジネス書の杜」をやってみようと動機づけられました。

この本では、

飽きるとは、選択のための隙間を開くこと。
飽きるとは、異なる努力のモードに気づくこと。
飽きるとは、経験の速度を遅らせること。

だとした上で、

壁に当たったら、がんばらない。

「このままやっていてもなあ・・・」
と何となく感じるとき、人は新たな能力を生み出す局面をむかえている。

「がんばっている自分」にはまることなく、人間に本来備わっているはずの「飽きる力」をどう目覚めさせ、活用すべきなのか。

ということについて説いています。まさに僕のビジネス書に飽きた僕を励まし、ブログをやっていく活力を与えてくれる本でした。

ということで、今後もビジネス書の杜をよろしくお願い致します。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31149345

「飽きる力」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

PMstyle 2024年6月~9月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

アクセスランキング

カテゴリ

Powered by Six Apart

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google