« 【ランキング】2013年11月ベスト3 | メイン | 2013年 印象に残った本(12月23日改訂) »

2013年12月 8日 (日)

男性が女性のような発想をしたら世界が好ましい方向に変わる

4833420678ジョン・ガーズマ、マイケル・ダントニオ(ヤマザキマリイラスト, 有賀裕子訳)
女神的リーダーシップ 世界を変えるのは、女性と「女性のように考える」男性である」、プレジデント社(2013)

お奨め度:★★★★★

最近、米国で話題になっている本が翻訳。「テルマエ・ロマエ」で知られるグローバルな漫画家ヤマザキマリさんの素敵な表紙が目立つ「女神的リーダーシップ」という本。原題は「THE ATHENA DOCTRINE」というタイトルで、ATHENAはアテネの守護神で、知恵・芸術・学芸・戦争などの女神。ATHENAのドクトリン(教義)というわけだ。内容的には大規模なグローバル調査に基づき女性的なリーダーシップの重要性について述べた本である。


この本は、世界中のGDPの65%を占める13か国でその人口構成を反映する6万4千人という大規模な調査を行い、生まれた発見を述べている。そこには日本や米国も含まれていますし、フランスやイギリス、中国やブラジルなども入っている。

その結果は衝撃的で

「男性的価値感はもう通用しない」

というもの。数字でいえば、

「男性が女性のような発想をしたら世界が好ましい方向に変わる」

と 考えている人が、全体で66%、日本だけに限れば79%に上る。この結論は125のリーダーの資質をグローバルサンプルの半数である3万2千人に女性的、 男性的、どちらでもないに分けて貰い、次にその属性を示さずに、残りの半数に重要性を聞き、それを突き合わせて出てきた結果だ。

この結果によると、理想的なリーダーに必要な資質の多くは女性的だとみなされている。たとえば、

計画性
表現力
合理性
柔軟
忠実
忍耐強い

などです。

男性的な資質だとみなされ、重要性が高いと考えられている資質には

決断力
逆境に強い
分析的
自立的
積極的

がある。確かに納得性はある。

さらに本では、統計的データ以外に各国のエスノグラフィーが掲載されている。これがこの本のメインで、実に興味深く、読めば納得性の高まる内容になっている。

こ の本の調査結果はダイバーシティマネジメントに別のアプローチの可能性を感じさせる。確かにジェンダーダイバーシティは重要だが、リーダーに関していえば 女性であることは本質ではないのかもしれない。つまり、男性リーダーが女性的なリーダーシップを身につけることで特にグローバルビジネスで必要なダイバー シティを確保するというアプローチもありかもしれない。

そう思って読んでみるとなかなか味のある本だ。

コメント

コメントを投稿

PMstyle 2024年5月~8月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

アクセスランキング

カテゴリ

Powered by Six Apart

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google