« facebookのビジネス書の杜へ登録をお願いします! | メイン | 「MAKERS」の時代の会社の経営術 »

2012年11月 9日 (金)

「なりたくなかった大人」にならないために

4861139716角大輔 「自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)」、サンクチュアリ出版(2012)

お奨め度:★★★★1/2

むかし、編集本としてやっていて、結構、好きだったシリーズ(?)。著者は、四角大輔さん。むかし、レコード会社のアーティストプロデューサーで、7枚のミリオンを出した人。今は、ニュージーランドの湖畔と東京を拠点として、ノマドライフを送りながら、日本やニュージーランドで企業のアドバイザーを務めているとのこと。

そんなキャリアを持つ著者が、自分の経験に基づき、自由に生きていくために20代で捨てるべきものを書いている。問題提起がすばらしい。多くの20代が、「なりたくなかった」大人になっていくのはなぜか。



何を捨てるべきかはともかくとして、彼の考え方には非常に共感できる。僕は30歳で、7年間勤めた会社を辞めた。もう少し、自由に行きたいと思ったからだが、時すでに遅しだった。20代にかき集めたものを捨てることができなかった。

この本では、ものとお金、ワークスタイル、メンテナンス、人間関係、ライフスタイルの5つのジャンルに分けて、捨てるべきものを示している。

以下、僕の経験に照らして、共感できるものをピックアップしておく。

視界にある"ノイズ"を捨てる。
"ストック"という概念を捨てる。
「なんでもいい」と言う癖を捨てる。
マルチタスク思考を捨てる。
多数決依存を捨てる。
決め付けを捨てる。
バランス感覚を捨てる。
"常識"を捨てる。
根性という概念を捨てる。
"なじみ"を捨てる。
「すいません」の盾を捨てる。
「ないと不安」を捨てる。
「あれもこれも」を捨てる
あきらめを捨てる。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31149005

「なりたくなかった大人」にならないためにを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

アクセスランキング

他のアカウント

カテゴリ

更新ブログ

Powered by Six Apart

PMstyle 2月~9月公開講座(★:開催決定)

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google