« Energy, Energize, Edge, Execution | メイン | 周囲の人の支援を引き出すリーダーシップ »

2006年3月 6日 (月)

サーバントリーダーシップに注目!

479663934909lzzzzzzz 高橋佳哉、村上力「サーバント リーダーシップ論」、宝島社(2004)

お奨め度:★★★

日本で初めてサーバントリーダーシップ論を本格的に論じた本。

リーダーシップはただでも、「おばけ概念」であり、いろいろな解釈が成立し、正体不明である。ましてや、そこにサーバントという概念が入ると、複雑を極める。この本の内容は好川の考えるサーバントリーダーシップとは異なる部分があるが、この本としては、きちんと論として整合が取れた書き方がされている。

サーバントリーダーシップの書籍としては、この他では、

456963774409lzzzzzzz ジェームズ・ハンター(石田量訳)「サーバント・リーダーシップ」、PHP研究所(2004)

こちらは小説仕立て。仕事と私生活で挫折した一人の男が、修道院で伝説的なリーダーに出会うところから話は始まる。この男が、リーダーに感化され、部下に生きがいを持たせ、やる気を引き出すリーダーになっていく話。

どうも、宗教的イメージが付きまとってしまう。サーバントリーダーシップが日本でイマイチ理解されないのはこの点にあるのだろう。

同じく小説形式で、

482011691609lzzzzzzz ケン・ブランチャード、フィル・ホッジス、ビル・ハイベルス(小林薫訳)「新・リーダーシップ教本―信頼と真心のマネジメント」、生産性出版(2000)

という本もある。こちらは、上の本よりも、もっと宗教色がある。ただし、もし、その部分をうまく処理氏ながら読めるのであれば、この本が圧倒的にお奨め!1分間マネージャーのケン・ブランチャードの作だというのも、楽しめる。

もうひとつだけ紹介しておこう。

489361341309lzzzzzzz アレグザンダー・ベラルディ(広岡結子訳)「「いい人」だけがビジネスで成功する―得るためにはまず与える サーバント・リーダーシップという考え方」、はまの出版(2002)

という本がある。この本はさまざまなサーバントリーダーについて書かれている本である。必ずしも理論的な背景は明確ではないが、タイトルにあるとおり、得るために、まず与えるという行動の実践者の成功について紹介している。面白い本である。

ただし、若干、道徳くさい。

==========

banner_04人気ランキング投票! → クリック!

目次

第1章 いまの日本に必要なリーダーシップ
●リーダーシップの目的
●歴史に名が残るリーダー
●日本に必要なリーダー …etc.

第2章 サーバント・リーダーシップとは
●サーバント・リーダーシップとは
●サーバント・リーダーシップの特徴
●リーダーを創り続ける

第3章 サーバント・リーダーの目指すもの
●「組織の社会的な意義・目的」(ミッション)の役割
●「行動規範・守るべき価値」(バリュー)の役割
●「将来展望」(ビジョン)の役割 …etc.

第4章 サーバント・リーダーの資質と技術
●優秀なリーダーになれる条件
●リーダーシップの技術
●「聞く技術」 …etc.

第5章 やる気をおこす
●モチベーション理論
●チームワーク…ノリを創る
●緊急時・非常時のやる気の高め方 …etc.

第6章 部下を見抜く
●個人の成果の数式
●行動する力
●感じる力 …etc.

第7章 新しい組織創造における
サーバント・リーダーシップ
●目的を間違えた新組織では成果はあがらない
●M&Aにおけるリーダーシップの主要なテーマと8つの要件

第8章 東洋思想とリーダーシップ
●理・勢・道
●知・仁・勇
●徳 …etc.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31151031

サーバントリーダーシップに注目!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

コメントは拒否されました。

Lekumo ビジネスブログ mixi またはその他のOpenIDでログインしてください

facebookページ

Twitterアカウント

カテゴリ

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google
Powered by Six Apart