« 【読書リスト】2020年9月前半に読んだ本 | メイン | 組織文化をつくる実践的ガイド »

2020年10月 7日 (水)

アマゾンの仕事術やマネジメントに関する本

ちょっと必要があって、アマゾンの書籍を手当たり次第読んだので、共有しておきたいと思います。見落としているものがあれば、ぜひ教えてください!

アマゾンという素材が面白いので、書かれている本もそれなりに面白いという印象があります。ビジネス書として面白かった本は、2冊。この2冊は、ブログやFBで取り上げていますね。ブログの方は、リンクをつけています。

4815601895


John Rossman(渡会圭子訳)「アマゾンのように考える 仕事を無敵にする思考と行動50のアイデア」、SBクリエイティブ(2019)

https://mat.lekumo.biz/books/2019/11/post-2edc.html

佐藤 将之「アマゾンのすごいルール」、宝島社(2018)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800282438/opc-22/ref=nosim


日本で一番アマゾンの本をたくさん書かれているのは、佐藤 将之さんです。佐藤さんはアマソンジャパンの立上げメンバーの一人だそうで、心底、アマゾンに惚れていらっしゃるようです。その藤井さんが、一番、最初に書かれたアマゾン本が、アマゾン時代を振返って書かれたこの本です。

佐藤将之「Amazon真の強さの理由」(自費出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06Y3LHS8S/opc-22/ref=nosim

その後、

4800282438_2


佐藤 将之 「1日のタスクが1時間で片づく アマゾンのスピード仕事術」、KADOKAWA(2018)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046040009/opc-22/ref=nosim

佐藤 将之 「アマゾンのすごい問題解決」、宝島社(2019)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800289890/opc-22/ref=nosim

佐藤 将之「amazonのすごい会議: ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法」、東洋経済新報社(2020)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492503137/opc-22/ref=nosim


主にアマゾンの仕事術やマネジメントを書かれているのは、アマゾンに勤務されていた人で、以下のような著者と書籍があります。

4569847188


パク・ジョンジュン(藤田 麗子訳)「Amazonで12年間働いた僕が学んだ未来の仕事術」、PHP研究所(2020)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569847188/opc-22/ref=nosim

星 健一「amazonの絶対思考」、扶桑社(2019)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594083161/opc-22/ref=nosim

太田 理加「アマゾンで私が学んだ 新しいビジネスの作り方」、宝島社(2020)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4299006321/opc-22/ref=nosim

小西 みさを「アマゾンで学んだ! 伝え方はストーリーが9割」、宝島社(2019)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800295882/opc-22/ref=nosim


戦略に関する本も、出版当時話題になった成毛 眞さんたちの本のほか、何冊かあります。

「amazon 世界最先端の戦略がわかる」、ダイヤモンド社(2018)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478105057/opc-22/ref=nosim

田中 道昭「アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」」、 PHP研究所(2017)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569837336/opc-22/ref=nosim

林部健二「なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか」、プチ・レトル(2017)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4907278667/opc-22/ref=nosim


また、個人的に、興味のある人を研究し、書籍を書かれている桑原さんもジョフ・ベゾスとアマゾンの本を書かれています。

桑原 晃弥「amazonの哲学 (だいわ文庫) 」、大和書房(2019)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479307435/opc-22/ref=nosim


また、べゾスといえば、やはり、この本で、これが日本で一番最初に出版されたアマゾンの本です。

4822249158


ブラッド・ストーン(滑川 海彦解説、井口 耕二訳)「ワンクリック ジェフ・ベゾス率いるAMAZONの隆盛」、日経BP (2012)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822249158/opc-22/ref=nosim

さらに、ベゾスに注目した本としては、同じ、ブラッド・ストーンの著作で

ブラッド・ストーン(滑川 海彦解説、井口 耕二訳)「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」、日経BP (2014)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822249816/opc-22/ref=nosim

があります。


アマゾンというと、日本人にとってもなくてはならない企業になっているにも拘わらず、何かと労働集約型のブラックなイメージがありますが、実は日本の企業と比べてもはるかにホワイトで、ベストプラクティスになる会社であることが分かります。

ぜひ、どれかの本を読んでみてください!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/34217708

アマゾンの仕事術やマネジメントに関する本を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

アクセスランキング

他のアカウント

ウェブページ

カテゴリ

更新ブログ

Powered by Six Apart

PMstyle 2021年9月~12月ZOOM公開セミナー(★:開催決定)

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google