« 【ランキング】2011年5月ベスト3 1位は図解表現本 | メイン | インテグレーションマネジメント(ファンが選ぶビジネス書12) »

2011年6月14日 (火)

48人のマネジメントベストプラクティス(ファンが選ぶビジネス書11)

448411108X

フランク・アーノルト(畔上 司訳)「有名人の成功のカギはドラッカーの「マネジメント」にあった」、阪急コミュニケーションズ(2011)

お奨め度:★★★★★+α

成功者(有名人)48名のマネジメントのベストプラクティスを、「組織のマネジメント」、「イノベーションのマネジメント」、「人間のマネジメント」の3つの分野に分け、著者の視点から紹介した一冊。1人1テーマにまとめられているが、テーマ意外にも学ぶところが多い。48名のリストとベストプラクティスは記事の最後にリスティングしている。


ドラッカー本を装っているが、実はマネジメントのベストプラクティスの本。丁寧に読んで見ると、ドラッカーの理論によって、行動を説明している有名人もいるし、ドラッカーそのままではなく、成功者の持論を紹介している有名人もいる。また、成功者の行動を通じて、著者の持論を語っているテーマもあると思われる。

各テーマには、著者からの「問い」がある。例えば、ウィンズロー・テーラーのベストプラクティスは「生産性を高める」である。ここでは、テーラー理論を簡単に紹介した後で、ドラッカーが理論化した、知識労働の生産性について独自の議論を展開している。そこで、議論しているテーマは、

(1)「知識の生産性向上」による生産性利潤
(2)個人の生産性
(3)組織の生産性

について議論している。そして、(3)についてはマイクロソフトやビルゲイツのプラクティスを紹介している。実践のための問いは

・あなた自身の生産性を向上するためにしなくてはならないことは何か?いつまでに何を達成したいか
・社内で「知識の生産性」を向上させようとしたら、何ができるか
・自社の生産性を向上させる手掛かりは何か

といった問いをしている。基本的な構成はすべて同じだ。

興味深いのは、ドラッカーにも1章を割いていることだ。「人生設計──あなたにできる最大の貢献は何か?」という、ドラッカーのもっとも有名であり、本質的な教えである。ここでは、「あなたは何で覚えられたいか」というドラッカーの有名な問いを紹介し、ドラッカーの理論を説明している。そして、実践のための問いは

・あなたにできる最大の貢献は何か
・あなたは何で人に覚えられたいか

の2つである。

48人のベストプラクティスの紹介の後に、あとがきとして、実践のための留意点を挙げている。

1.意義を明確に意識する
2.一つのことに集中しよう
3.予定表に書き込む
4.事業を明確に決める
5.事業進行を管理する

の5つである。なるほど。そして最後の問いは

あなたは明日から何を行うか

である。

【ベストプラクティスリスト】

第I編  組織のマネジメント
[1章]「企業の使命」を有効に活かす ビル・ゲイツ
[2章]顧客の役に立つ ルイス・ガースナー
[3章]正しい妥協をする ソロモン王
[4章]まずやってみよう!──正しい戦略に沿って前進しつづける フィリップ・ナイト
[5章]自分の強みを重視し、中心となる能力を強化する マイケル・ジャクソン
[6章]顧客のために献身する マイケル・デル
[7章]生産性を高める ウィンズロー・テイラー
[8章]効果的なマネジメントを追求する ウォーレン・バフェット
[9章]利益を得る方法を理解し、一本立ちをめざす ココ・シャネル
[10章]メディアを活用する パリス・ヒルトン
[11章]情報を活用する ポール・ジュリアス・ロイター
[12章]転換点を認識し、重要な事業目標を設定する アンドルー・グローヴ
[13章]フィードバック体制を確立する ジェームズ・ワット
第II編  イノベーションのマネジメント
[14章]アイデアを実行に移す スティーブ・ジョブズ
[15章]イノベーションは決して歓迎されない ギュスターヴ・エッフェル
[16章]定説をすべて疑う ニコラウス・コペルニクス
[17章]変化の先頭に立つ マドンナ
[18章]徹底的にイノベーションを推進する トマス・アルヴァ・エディソン
[19章]予期せぬ事柄に注目する ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン
[20章]計画的に廃棄する ヘルベルト・フォン・カラヤン
[21章]「創造的な破壊」を実行する ヨーゼフ・シュンペーター
[22章]新技術のチャンスを活用する ラリー・ペイジ
[23章]すでに起こった未来を認識する レイ・クロック
第III編  人間のマネジメント
[24章]一つだけの使命に集中する ミケランジェロ
[25章]結果を絶対視する ミハエル・シューマッハ
[26章]強みを活かす アルバート・アインシュタイン
[27章]目標管理を実行する グスタフ・マーラー
[28章]慎重に計画を練る ナポレオン・ボナパルト
[29章]自分の価値観に合致した行動を取る ウィンストン・チャーチル
[30章]周囲に優秀な人を擁する ジャック・ウェルチ
[31章]人材を育成する デイヴィド・パッカード
[32章]教育に投資する アレクサンダー・フォン・フンボルト
[33章]賢明な話し相手を見つける カミーユ・ピサロとポール・セザンヌ
[34章]効果的な協力関係を確立する ジョゼフ・バイデン
[35章]最大級の昇進を認識する バラク・オバマ
[36章]真摯に生きる ジョージ・マーシャル
[37章]女性の潜在能力を活かす ヒラリー・クリントン
[38章]時間を賢く使う スティーヴン・ホーキング
[39章]独自の「仕事の進め方」を決める ベンジャミン・フランクリン
[40章]信頼を築く リーバイ・ストラウス
[41章]人生設計──あなたにできる最大の貢献は何か? ピーター・F・ドラッカー
[42章]絶えずモチベーションを高める ロジャー・フェデラー
[43章]仕事に喜びを見出す レナード・バーンスタイン
[44章]責任感をもって行動する ヒポクラテス
[45章]高齢になって創造力を活かす パブロ・ピカソ
[46章]責任を引き受ける ハリー・トルーマン
[47章]能力の維持について考える ジェイミー・オリヴァー
[48章]ほかの人のために全力を尽くす ムハマド・ユヌス

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31149181

48人のマネジメントベストプラクティス(ファンが選ぶビジネス書11)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

PMstyle 12月~2023年3月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

アクセスランキング

カテゴリ

Powered by Six Apart

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google