« 楽天ブックスへのリンク | メイン | ミシュランガイド東京 »

2007年12月 5日 (水)

プロジェクトXの経営学

462304873x 佐々木 利廣「チャレンジ精神の源流―プロジェクトXの経営学」、ミネルヴャ書房(2007)

お薦め度:★★★★1/2

プロジェクトXにはまっています。なぜから、こういう連載を始めたからです。

プロジェクトXにみるスポンサーシップ

プロジェクトXというと、そのネーミングからか、プロジェクトマネジメントの視点から取り上げられることが多い。しかし、プロジェクトXというのはプロジェクトマネジメントについて問われるべきものではなく、「プロジェクトのマネジメント」について問われるべきものである。つまり、経営組織がプロジェクトをどのように行っていったかをテーマにしているものは極めて多い(もちろん、純粋なプロジェクトものもあるが)。

ということで、八重洲ブックセンターにいきプロジェクトXの本を探していたら、面白い本があった。これがこれ。

まとめ方も面白く、NHKのプロジェクトXはなぜ、面白いかという視点からまとめている。まとめたのは、京都産業大学の先生たち。分析視点は
・新規事業創造
・製品開発と企業間協調
・イノベーションと産業発展
・新市場の開拓とマーケティング戦略
・経営の国際化と組織学習
・組織間の異種協働
・リーダーシップとリーダー・フォロワーの関係
の関係。この視点の設定はたいへん、面白いし、参考になった。NHKのストーリーがプロジェクトにフォーカスしているので、その背後や環境をうまく抽出する視点だからだ。

ただし、分析は、教科書のような分析なので、経営学の教科書かと突っ込みたくなるような内容。もう少し、突っ込んでほしかった(実際に教科書として使っているようなので、そのためかもしれない)。

ということで、試みは評価したいし、この本を読んでプロジェクトXを見ると、見方が変わると思う(実際にやってみたらそうだった)。その意味でも意味があると思う。本当は★3つ半くらいにしたいのだが、★1個はその点でのおまけ。

また、プロジェクトマネジャーが、自分の置かれている立場を確認するためにも読んでほしい1冊である。

【アマゾンで買う】チャレンジ精神の源流―プロジェクトXの経営学

【楽天ブックスで買う】チャレンジ精神の源流―プロジェクトXの経営学

目次
はしがき
 一 製品をつくる
1 新規事業創造
   事業創出と持続的成長の実現
2 製品開発と企業間協調
3 イノベーションと産業発展
   テレビ産業の競争と革新
 二 市場を拓く
4 新市場の開拓とマーケティング戦略
5 経営の国際化と組織学習
 三 組織を束ねる
6 組織間の異種協働
   多様な組織による社会的課題の解決
7 リーダーシップとリーダー・フォロワーの関係
8 制作現場から見た「地上の星たち」
あとがき 「チャレンジ精神の源流」の試み

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31150451

プロジェクトXの経営学を参照しているブログ:

» 皆藤 愛子 元彼から衝撃のハメ撮り動画流出! (皆藤 愛子 元彼から衝撃のハメ撮り動画流出!)
皆藤 愛子 元彼から衝撃のハメ撮り動画流出! [続きを読む]

» 高島屋 (,プロジェクトXの経営学)
興味深く読ませて頂きました。応援! [続きを読む]

» 人生再起動FXプロジェクト2008検証 (人生再起動FXプロジェクト2008販売サイト,プロジェクトXの経営学)
「人生再起動FXプロジェクト2008」↑時給2万5000円↑たった1日1時間。外貨保証金取引で50万稼ぐ盲点。FXのカラクリ。は、本当に簡単に実践できます!!私が特別な才能を持ってたわけじゃありません。ただFXという巨大市場の「ある抜け穴」を知ってしまっただけなのです・・・たったそれだけのチガイで月収80万以上を手にしています。そんな私が、打ち明けるFXの強力な魔法は決して夢物語ではありません。それは1日1時間のシンプルなトレードの繰り返し。極論すれば、「やり方」さえ知れば中...... [続きを読む]

» プラス思考だけでは成功できない (http://dr-malts.seesaa.net/)
がんばらなくても成功する人と、がんばっても成功しない人。そのほんのわずかな違いを知っていますか? [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

PMstyle 2024年7月~10月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

アクセスランキング

カテゴリ

Powered by Six Apart

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google