« 顧客やチームをインスパイアするリーダー(ファンが選ぶビジネス書2012-4) | メイン | 従業員第一、顧客第二 »

2012年4月 4日 (水)

マネジメントはシンプルに!

4532317827デニー・ストリグル、フランク・スウィアテク(川村 透訳)「「叩き上げCEO」が明かす結果にこだわる思考法」、日本経済新聞出版社(2012)

お奨め度:★★★★★

電話設置の現場担当からベライゾン・ワイヤレスのトップに上り詰めたデニー・ストリグルのマネジメント論。マネジメントの4大原則を中心に、マネジャーがすべきことをまとめた内容は、非常に実践的であり、具体的である。この紹介記事では、もっとも概念的な指摘をお伝えするが、各項目について、これを1段階~2段階、具体化した内容の書籍であると思って戴けばよい。



マネジャーが絶対的に優先すべきことは、「結果を出すこと」であり、結果とは以下の4つのいずれかである。(マネジメントの4大原則)

・売り上げを伸ばす
・新規顧客を得る
・既存顧客を維持する
・コストを削減する

この原則に従って、マネジメントを行わなくてはならない。

原則はシンプルであるにも関わらず、なかなか、うまく行かない。その理由は以下の9つである。

(1)部下との間に、強い信頼関係を築けていない
(2)どうでもよいことにこだわっている
(3)自らが責任をとっていない
(4)大事なことを伝えつづけていない
(5)全員の同意を得ることに腐心している
(6)人気取りをしている
(7)自分のことしか考えていない
(8)悪いニュースを聞く耳を持たない
(9)原因を突き止めず、問題だけを直そうとする

該当しているものは改めていく必要がある。

人をマネジメントしていく中で絶対にかかせない要素は、信頼である。信頼のもとになっているのは、

・高潔さ
・オープンな環境
・相手への敬意

であり、これらを実現していかなくてはならない。

次に、ものごとにシンプルでなくてはならない。パフォーマンスの問題を抱えているなら、以下のようなシンプルな対応をすればよい。

・数値化できる要因を突き止める
・日々の作業項目に落とし込む
・変えるべき具体的な行動を確認する

シンプルさを妨げている要因になっているのが、コミュニケーションである。コミュニケーションもシンプルかつ、効率的に行わなくてはならない。

次は責任感について。マネジャーのもつべき責任に対するスタンスは「見つけた問題は自分事として取り組む」である。責任感のあるマネジャーは以下のような行動をする。

・自らがオフィスの責任者であるという立場を明確にしている
・セミ人を進んで引き受けている
・決断をしている
・緊急性をもって事に当たっている
・直面した問題について、もう一歩踏み込んでいる
・自分のコミットメントを実行している
・優れた成果をだしている
・不満をもらさず、部下に変な同情もかけていない

逆に責任感のないマネジャーは

・他人のせいにする
・自分の悪い結果に対して言い訳をする
・泣き言をいう
・問題を解決しようとしない
・なすがままに身を任せている

といった行動をしている。部下に責任感を植え付けるには、「象徴的な行動」が有効である。象徴的な行動には、

・マネジャー自身が行う決定や行動である
・組織の将来の方向性に強い影響をもたらす
・組織の誰もが、容易に目で確認できる
・組織の核となるメッセージを思い起こさせる

といった特徴が含まれる。

責任感を持つマネジャーが部下に結果を出すためのテクニックは以下の2つ。

・方法をシンプルに
・意味をしっかりと持たせる

部下に責任感を持たせるには、以下のような行動が有効である。

・突然の訪問
・予期せぬフォローの電話
・コーチング
・5:15レポート
→マネジャーが5分以内で目を通せ、部下が15分以内で用意できる。
通常、指定された日の5:15分までに提出する
・パフォーマンス合意契約
・業務進捗レビュー
・パフォーマンスレビュー
・パフォーマンス改善計画

成功するマネジャーは以下のような考え方をする。
・自分の成果ではなく、まわりの成果
・つねに冷静さを保つ
・部下たちと、彼らの仕事をよく知る
・部下のベストを引き出す
・毎日少しずつ成長する
・ありのままを伝える姿勢が確認をもたらす
・部下に責任を押しつけない
・ときには勇気が必要

組織のパフォーマンスを高めるには、組織文化が不可欠で、著者は、お客様、結果、人々、コミュニケーション、仕事の習慣といった視点で、よい文化を作ってきた。具体的な文化は本を参考にしてほしい。

非常に実践的な体系で、シンプルかつ、ポイントを押さえた指摘が並べられている。本書を座右の銘にし、常に見直していくような使い方をお奨めしたい一冊である。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31149053

マネジメントはシンプルに!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

コメントは拒否されました。

Lekumo ビジネスブログ mixi またはその他のOpenIDでログインしてください

facebookページ

Twitterアカウント

カテゴリ

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google
Powered by Six Apart