Powered by Six Apart

PMstyle 9月~2020年3月公開講座(★:開催決定)

Twitterアカウント(PMstyle)

PMstyle facebook

« 【講座紹介】「振返り」講座 | メイン | 【プロデューサーの本棚】クラウドストーミング 組織外の力をフルに活用したアイディアのつくり方 »

2014年5月30日 (金)

【プロデューサーの走り書き(1)】:お家騒動がもたらしたトレードオフ

新幹線の隣に席に座っている人が「一澤帆布」のラベルのついた新しいバックを持っていたので、「おっ」と思い、さっそくググってみた。帆布ファッションの草分けの「一澤帆布」をめぐる10年のお家騒動は完全決着したようだ。


一澤信三郎帆布が、一澤帆布の店舗に戻り、一澤帆布の商品も復活させているとのこと。現在の一澤帆布のホームページはこんな感じになっている。Tairitu
成り行きとはいえ、微妙だなあ。

相続をめぐる本家、分家の暖簾争いは京都のお家外のようなものだが、このパターンは珍しいのではないだろうか?相続騒動がおこらなければ、「一澤帆布」から、別のブランドが生まれることはなかったようにも思う?

一澤信三郎帆布は結構人気があるらしい。ただ、これから、「一澤帆布」はCoachと同じような道をたどるような気がする。

トレード・オフ」を書いたケビン・メイニーなら「一澤帆布」をどのように評価するのだろうか?

(2011年9月4日)

コメント

コメントを投稿