PMstyle 2024年6月~9月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

カテゴリ

Powered by Six Apart

« 【お知らせ】「プロジェクト・イニシアチブ」キャンペーン | メイン | 【プロデューサーの走り書き(1)】:お家騒動がもたらしたトレードオフ »

2014年5月30日 (金)

【講座紹介】「振返り」講座

PMstyleプロデューサーの好川哲人です。

昨年から開始しました振返り講座を今年度も開催します。

Furikaeri_6

プロジェクトマネジメントの仕組みが整備され、組織的に行われるようになってくる中で、プロジェクトから少しでも多くの成果を得るためには、組織的に統合された振返りを行い、組織として知見を積み重ねていく必要があります。

この講座ではプロジェクトの推進体制を、組織(マネジャー)>プロジェクト>リーダー/メンバーと考え、それぞれについて必要な振返りの目的を整理し、その目的に適合する振返りの方法を学びます。具体的には以下のようなものです。

【組織(マネジャー)】
[目的]
・戦略実行力の強化
・プロジェクトマネジメント力の強化
・ベストプラクティスの確立
・知識や教訓を残す
[方法]
・レッスンズラーンド
・ストーリー

【プロジェクト】
[目的]
・プロジェクトの成功
・プロジェクトマネジメントの是正
・プロジェクト進捗の是正
・チームワークの改善
[方法]
・PDCA
・ポストプロジェクトレビュー
・KPT(Keep Problem Try)
・PDR(Pre-Do-Review)

【リーダー(プロマネ)/メンバー】
[目的]
・個人の成長
・暗黙知の獲得
[方法]
・内省
・持論

昨年度、この講座に参加いただいた方からは、たとえば

・最後の方で少し難しくなりましたが、マネジメントの常識的な知識ベースにした話
 が出てきた為だと思うので、自習の上、様々な種類のパターンでも振返りができる
 ようにしたいです。ただ、ここでも最も重要なのはコンセプチュアルスキルである
 と感じたので、そこを強化していきたいです 。

・少人数でしたが、とてもわかりやすく、楽しく学べました。
 演習の中での振返りが とても多く、業務に対しても常に振返ることを心がけるこ
 とが大切だと思いました。組織での振返りが目前の目標なので、今回の内容を有効
 活用していきたいと思います。

・ポストプロジェクトレビューで、知識エリア別で行うという発想はありませんでし
 た。また、知識エリアによって評価視点を設定して振返るというのは参考になりま
 した。概念化は練習していきます。

といった評価を頂きました。そのほかは以下のセミナー詳細ページをご覧ください。

╋【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【2014.06.06】╋
■ 振返り講座                   ◆7PDU's
  日時:2014年 06月 06日(金)  10:00-18:00(9:40受付開始) 
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区) 
  講師:好川 哲人(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/lesson20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 【カリキュラム】
1.振返りとマネジメント
2.組織レベルの振り返り方法
3.プロジェクト・業務レベルの振り返りの方法
4.個人レベルの振り返り
5.3つのレベルの振返りを統合する
6.プロジェクトのタイプと振り返りの目的と方法(討議)
 ・ルーティン
 ・クリエイティブルーティン(アジャイル)
 ・イノベーション 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

コメント

コメントを投稿