PMstyle 2024年7月~10月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

カテゴリ

Powered by Six Apart

« プロセスにこだわらないプロジェクトマネジメント | メイン | リスクと課題の違い(2) »

2009年8月18日 (火)

リスクと課題の違い(1)

(2009/05/13)

◆リスクマネジメント
 
リスクマネジメント (Risk Management) とは、リスクを組織的にマネジメントし、ハ
ザード(危害 (harm) の発生源・発生原因)、損失などを回避もしくは、それらの低
減をはかるプロセスをいう。リスク・マネジメントとは各種の危険による不測の損害
を最小の費用で効果的に処理するための経営管理手法である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リスクマネジメントを検索しますと、やはり、経営管理におけるリスクやファイナン
スの損失補償についてのお話が多いようです。

ところが、プロジェクトにおけるリスクとは、計画が予定どおり実行できず、プロジ
ェクトの結果に影響を与える不確実な事象のことを指しています。

つまり、計画と不確実な事象というキーワードがあり、

リスクマネジメントとは、
・起こるか起こらないかわからない事象に対するマネジメント
・プロジェクトの結果に影響を与えないために行うマネジメント

ということです。

まず、計画があり、その計画が、なんらかの事象が発生することで、予定通り実行で
きないことが予想され、そして事象が発生すれば、プロジェクトは大きな影響を受け
るために、何か対策を打ち、影響をなくす(もしくは、少なく)しましょうというマ
ネジメントです。

それじゃ、リスクって言うのは、プロジェクトにとって、大変重要なことなので、対
策を厳重に打たなくっちゃ、というわけでもなく、

まず、リスクをどう考えるかというリスクマネジメントの方針があり、このプロジェ
クトにはどんなリスクがあるのかな、それはどれくらい大きいのか(発生確率・影響
度)を分析・評価して、手を打たないといけないリスクに対して、事前に対策するの
か、それとも、リスク発生時の対策(コンティンジェンシー計画)を決めておくのか
を計画し、実行するという手順になります。

それに対して、課題は、プロジェクトで解決しないといけない問題であり、それは、
必ず、計画に含めておく必要があります。

本セミナーでは、発生するかどうかわからないリスクに対して、どのようなステップ
でマネジメントを行うか、また、一般的にどのようなリスクがあるのかを解説し、そ
の後、グループ演習にて、リスクの計画を作成していただきます。

弊社がコンサルティングで使用しております実践用フォーマットを使って、演習を行
いますので、業務にすぐに使える演習内容になっています。

お申込をお待ちしております。

〓【開催概要】〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ◆リスクマネジメント◆
  日時:2009年9月3日(木)-4日(金) (14PDU)
  場所:ヴィラフォンテーヌ汐留(東京・港区)
  講師:鈴木 道代(PMP,プロジェクトマネジメントオフィス)
  詳細・お申込 http://www.pmstyle.biz/smn/risk.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.リスクマネジメントの概要
【演習】リスクドリル(リスク事象かどうかについて○×形式のクイズ)
2.リスク識別
【演習】リスク識別(120分)
3.リスク分析
【演習】リスク分析(60分)
4.リスク対応計画
【演習】リスク対応計画作成
5.リスクの監視と管理
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

コメント

コメントを投稿