PMstyle 2024年6月~9月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

カテゴリ

Powered by Six Apart

« コンセプチュアルスキル講座プログラム(2015年度) | メイン | 【プロデューサーの走り書き(3)】モノ的発想とコト的発想の本質的な違い »

2015年6月18日 (木)

【PMstyle Proposition:004】「センス」としての「コンセプチュアルスキル」

SensePMsytleではコンセプチュアルスキルの定義を

周囲で起こっている事柄や状況を構造的、概念的に捉え、事柄や問題の本質を見極めるスキル

だとしている。これは、提唱者であるロバーツ・カッツの定義を採用したものである。

ところが、この定義、「よく分からない」ということで、あまり評判がよくない。何かと、聞かれることが多くなってきたので、記事にしておく。

実はコンセプチュアルスキルを持ち出す前から、コンセプチュアルスキルに関する活動はしていた。

「センス」

である。

センスの定義もあるようでないのだが、例えば、一橋大学の楠木建先生によると、スキルではカバーできないものということになる。楠木先生は、会計やファイナンスはスキルでカバーできても、戦略策定はセンスでしかできないとおっしゃっている。

確かにその通りであるが、僕はもう少し広くというか、構造的に考えている。スキルによる活動のクオリティを上げる、あるいは成果を大きくするのがセンスだ。会計には会計なりのセンスが必要であり、戦略策定には戦略策定なりのセンスが必要だ。

コンセプチュアルスキルは、カッツの言葉でいうと、テクニカルスキルやヒューマンスキルによる業務の質を向上させるものである。

カッツは職位が上がるとコンセプチュアルスキルの重要性が増してくるといっているが、本質的には、職位が上がると上流で業務をしなくてはならない。上流の業務をするにはコンセプチュアルスキルが必要だということだ。

まあ、これをセンスだと言ってしまうと実も蓋もないので、あまり言わないようにしている。

◆PMstyle関連セミナー

PMstyleでは、本質を見抜く洞察力や、応用力を中心にしたセミナーを行っています。コンセプチュアルスキルを高めたい方、ぜひ、ご受講ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンセプチュアルスキル入門~本質を見極め、行動するスキル   ◆(7PDU's)
  日時・場所:(東京)2015年 07月 30日(木)  10:00-18:00(9:40受付開始)
            銀座ビジネスセンター(東京都中央区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_skill.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】
  1.概念的に考えて、具体的な行動をする
  2.本質を見極めるスキル
  3.洞察力を高める
  4.応用力を高める
  5.コンセプチュアルが行動を変える~ケーススタディ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント

コメントを投稿