カテゴリ

Powered by Six Apart

PMstyle 12月~2022年3月ZOOM公開セミナー(★:開催決定)

Twitterアカウント(PMstyle)

PMstyle facebook

« 【PMスタイル考】第70話:「セールス」について考える | メイン | 【告知】プロジェクトにおける学習 »

2013年8月19日 (月)

【告知】第10回PMstyleスペシャルセミナー開催

Concept82013年度第1回目のPMstyleスペシャルセミナー(通算10回目)は

コンセプチュアルスキルがプロジェクトマネジメントを変える

というテーマで行います。

開催日は、9月14日です。今回は兼てより要望がありました土曜日開催としました。


━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第10回PMstyleスペシャルセミナー
   ~コンセプチュアルスキルがプロジェクトマネジメントを変える   ◆3PDU's
  日時:2013年09月14日(土)  13:30-16:30(13:10受付開始)
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区) 
  講師:好川哲人(エムアンドティ・コンサルティング)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/special10.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

(セミナーの趣旨、詳細は以下をごらんください)

PMstyleではコンセプチュアルスキルの普及の活動をしています。コンセプチュアルスキルの提唱者であるロバーツ・カッツによるとマネジャーに必要なスキルの中で上位マネジャーになるにつれてコンセプチュアルスキルが重要になってくるそうです。

こ れは、「米国企業」における組織の話で、日本企業ではミドルマネジャーが実質的な意思決定をしているケースが多いことや、プロジェクトマネジャーはプロ ジェクトの運営に関しては権限委譲されていることを考えると、ミドルマネジャーやプロジェクトマネジャーにもコンセプチュアルスキルが必要であるという前 提で活動を行っています。

今回のスペシャルセミナーでは、

・コンセプチュアルスキルとはそもそも何か

というところから入って、プロジェクトという仕事の特徴を考えたときに、なぜコンセプチュアルスキルが必要かを考えます。

次に、コンセプチュアルスキルでプロジェクトマネジメントが変わるポイントとして、

プロジェクトマネジャー、あるいは、プロジェクトスポンサー(マネジャー)にコンセプチュアルスキルがあると、プロジェクトマネジメントがどのように変わるかを

・「洞察」にとむ計画を作る
・トレードオフを乗り越える「統合」を行う
・メンバーや顧客を「動かす」コミュニケーションを行う

の3つのポイントから考えます。

そして最後に、ケースによって

「顧客要求とコストのトレードオフを統合的に解決する」

というテーマでコンセプチュアルスキルを使った問題解決の体験をします。

以上の内容で、コンセプチュアルスキルの可能性を感じて戴く3時間にしたいと思います。ワンランク上のプロジェクトマネジャーを目指している人、いくつものプロジェクトを管理しているマネジャーの方などにお奨めします。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第10回PMstyleスペシャルセミナー
   ~コンセプチュアルスキルがプロジェクトマネジメントを変える   ◆3PDU's
  日時:2013年09月14日(土)  13:30-16:30(13:10受付開始)
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区) 
  講師:好川哲人(エムアンドティ・コンサルティング)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/special10.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】                           
  1.コンセプチュアルスキルとは
  2.プロジェクトマネジャーの仕事とコンセプチュアルスキルの必要性
  3.コンセプチュルスキルでプロジェクトマネジメントを変える3つのポイント
  4.ミニトレーニング~トレードオフの統合的解消              
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

なお、実施を検討していましたテーマ「HOWのイノベーション」は今回準備が間に合いませんでしたが、下期に向けて引き続き、実施を模索していきます。

コメント

コメントを投稿