カテゴリ

Powered by Six Apart

PMstyle 12月~2022年3月ZOOM公開セミナー(★:開催決定)

Twitterアカウント(PMstyle)

PMstyle facebook

« PMstyle2013~イノベーション講座 | メイン | 【コンセプチュアルスキル・トレーニング】宅急便はグローバル化できるか »

2013年4月10日 (水)

【告知】リーダーとしての持論を持とう!

Jiron 2012年にPM養成マガジン10周年記念イベントとして、「プロジェクトリーダー」としての持論をつくるというアクティビティを行いました。

アウトプットの質も高かったですし、参加者自身の評判もよかったので、定期的な活動として行うことにしました。

この活動をしている中で、プロジェクトリーダーに限定せずに、いろいろな人が混ざったほうが面白いことに気が付きましたので、今回は「リーダー」全般を対象に行いたいと思います。つまり、

リーダーシップの持論をつくる

という活動としてやりたいと思います。

もう一つ、持論アクティビティの中で気がついたのは、持論の出来は、概念化スキルに依存しているということです。出来というのは持論の内容を言っているわけではありません。持論はそのやり方でうまくいっていることをまとめたものですので、それ自体はリスペクトしなくてはなりません。

ただ、たとえば、その持論を後輩に伝えようとしたときには表現方法によって、後輩にとって意味のあるものになるのか、単なる成功事例を聞いただけになるのかは大きな違いがあります。

あるいは、自分で持論の作成を通じて振り返り(リフレクション)をしようとしたときに、表現やとらえ方によって、気づきの質が変わってきます。

そこで、今回はここを明確にして進めようと思っています。この部分を以下のように考えています。われわれがなにか行うことは単なる体験です。体験は体験に過ぎず、それはたまたまそうなっただけかもしれません。たとえば、一回やってうまくいったけど、もう一度同じようにやってうまく行かなければそのやり方は持論にはなりえません。同じ体験を何度かすると、それは経験になります。持論というのは経験に基づくものです。

今回は、

体験×概念化=経験

というコンセプトのもとで、経験に基づいて持論をつくるという試みをしたいと思います。この体験を概念化して経験にするというのは、リーダーやマネジャーとして部下を指導するときにはきわめて重要なことです。持論を書くとともに、ぜひ、身につけていただけばと思います。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆リーダーシップ持論作成ワークショップ                      ◆7PDU's 
  日時:2013年05月10日(金)  10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:ヴィラフォンテーヌ汐留(東京都港区)  
  講師:好川哲人(エムアンドティ・コンサルティング)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/jiron.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.体験から経験、そして持論へ
2.プロジェクトの体験を棚卸する【ワークショップ】
3.体験のキーワードを探す【ワークショップ】
4.体験を経験にする【ワークショップ】
5.経験から持論を導く【ワークショップ】
6.振り返り
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なんだかよくわからないという人には、無料体験の機会があります。こちらです、ぜひ、お越しください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★参加費無料☆━
 ◆コンセプチュアルスキル講座説明会◆
  日時:2013年04月17日(水)13:30-16:30(13:10受付開始)
  場所:銀座ブロッサム中央会館(東京都中央区)
  講師:好川哲人(プロジェクトマネジメントオフィス)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/20130417.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
【概論セッション】
1.コンセプチャルスキルとは?
2.コンセプチュアルスキルの高いマネジャーと低いマネジャー
3.コンセプチュアルスキル講座の説明

【体験セッション】
3.体験×概念化=経験
4.コンセプチュアルスキルミニワークショップ
      ~コンセプチャルスキルの可能性を感じる
・決める
・洞察する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント

コメントを投稿