PMstyle 2024年6月~9月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

カテゴリ

Powered by Six Apart

« 【PMスタイル考】第52話:イノベーションを活性化する組織のリスクマネジメント | メイン | 【PMスタイル考】第53話:プロジェクトのコンセプトとデザイン »

2012年9月13日 (木)

【講座のご案内】管理者向けプロジェクトマネジメント講座のラインナップ

Manager2プロジェクトとは特別な業務のイメージですが、商品開発をしている部門や、受注で開発をしている部門など、部門によっては業務の大半をプロジェクトとして行っている組織が増えてきています。

そのような部門においては、部門長や管理職は、業務オペレーションのマネジメント(PMBOKのような現場レベルのプロジェクトマネジメント)とは別に、成果や収益のマネジメントをするためにもう一段上の立場でプロジェクトをマネジメント(管理)する必要があります。彼らがマネジメントしなくてはならないのは、個々のプロジェクトではなく、自部門で実施しているプロジェクト全体です。

プロジェクト全体をマネジメントするには、個々のプロジェクトを適切に現場のプロジェクトマネジャーに権限委譲した上で、全体をコントロールするために必要な情報を収集するとともに、各プロジェクトに配分する経営資源を管理する必要があります。

このような活動を戦略的プロジェクトマネジメントと呼びます。管理者向けのプロジェクトマネジメント講座は、部門長や管理職を対象にした、戦略的プロジェクトマネジメントの講座です。

現在、以下のようなラインナップになっています。

まず、総論として、

管理者のためのプロジェクト管理講座(次回 2013/02/14)
http://www.pmstyle.biz/smn/pm_managers.htm

があります。この講座は、部門長や管理職が自分の管理するプロジェクト(群)に対してどのようなマネジメントを行えばよいかを解説するものです。

なお、この講座を部課長という立場の人にフォーカスした講座も新たに準備しました。

部課長のためのプロジェクトマネジメント講座
http://www.pmstyle.biz/smn/pm_director.htm

次に、各論ですが、戦略的プロジェクトマネジメントの中で、組織的コミュニケーションをどのように行えばよいかを考える講座があります。

プロジェクトを成功させる組織的コミュニケーション(12/01/18)
http://www.pmstyle.biz/smn/org_communication.htm

この講座はホールシステムアプローチや対話手法を使って、戦略的なコミュニケーションを行い、自部門からプロジェクトマネジャーや、プロジェクトに配置する要員が同じ戦略解釈やビジョンを持つことを目指すものです。

戦略的プロジェクトマネジメントの特徴は、イノベーティブなプロジェクトが多く、不確実性が高いことです。そのような性質のプロジェクトに対して、組織として何らかの手を打つ必要があります。その一つが、プロジェクトが安心してリスクをとれるように、環境を整備することです。これをスマートリスクマネジメントと呼びますが、3つ目はスマートリスクマネジメントに関する講座です。

リスクに強い組織を作るスマートリスクマネジメント(13/02/21)
http://www.pmstyle.biz/smn/org_risk.htm

また、経営からイノベーションの指示が下りてきて、それをプロジェクトとして実施しなくてはならない状況になることもよくあります。そのような状況で、イノベーションを如何に引き起こすかを考える講座も準備しました。

管理者のためのイノベーションマネジメント講座(12/09/27)
http://www.pmstyle.biz/smn/pm_innov.htm

部課長の方、管理者の方、ご自分の部門のニーズに合せて受講を検討戴ければと思います。また、これから管理者になる方には、総論の講座を受講戴き、プロジェクトマネジャーとしての視点と、管理者としての視点の違いを把握して戴ければと思います。

コメント

コメントを投稿