PMstyle 3月~6月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

カテゴリ

Powered by Six Apart

« PM養成マガジン10周年記念セミナーのPMstyle+会員価格について | メイン | 【告知コラム】来年はコンセプチュアルスキルを強化しよう! »

2011年12月26日 (月)

【PM養成マガジン・10周年】ゲームストーミング~ゲーム一覧

4873115051PM養成マガジン10周年記念セミナーの1テーマに取り上げている「ゲームストーミング」の中に含まれるゲームの一覧です。

【PM養成マガジン10周年記念セミナー】
第1回 ゲームストーミングによるプロジェクト活性手法

書籍の内容(ゲームストーミングのフレームワーク)を知りたい方は、こちらの紹介記事をご覧ください。

仕事にゲームを取り入れ、クリエイティブに

ゲームストーミングゲーム一覧

◆主要なゲーム
・The 7Ps Framework(7つのPのフレームワーク)
~会議の準備に最適なゲーム
・Affinity Map(親和図法)
~たくさんのアイディアを分類するゲーム
・Bodystorming(ボディストーミング)
~身体を使ってアイディアを刺激するゲーム
・Card Sort(カードソート)
~たくさんの情報を構造化し直すゲーム
・Dot Voting(ドット投票)
~スピーディに優先順位をつけるゲーム
・Empathy Map(共感図法)
~顧客の人物像を素早く共有するゲーム
・Forced Ranking(強制的ランク付け)
~優先順位を論理的に決めるゲーム
・Post-Up(貼り出し法)
~全員でなるべく多くのアイディアを出すゲーム
・Storyboard(絵コンテ)
~アイディアを物語で伝えるゲーム
・WhoDo(誰がどうする)
~アクションプランを立てるゲーム

◆開幕のためのゲーム
・3-12-3 Brainstorm(3-12-3ブレインストーム)
~超高速ブレインストーミングでアイディアを出すゲーム
・The Anti-Problem(アンチプロブレム)
~発想の逆転からアイディアを出すゲーム
・Brainwriting(ブレインライティング)
~連歌スタイルでアイディアを生み出すゲーム
・Context Map(コンテクストマップ)
~外的環境の共通認識をつくるゲーム
・Cover Story(カバーストーリー)
~未来像を雑誌や新聞の見出しで表現するゲーム
・Draw the Problem(問題の描写)
~問題を1枚のカードで素早く共有するゲーム
・Fishbow(l 金魚鉢)
~対話からアイディアを引き出すゲーム
・Forced Analogy(強制類推)
~発想の転換を促すゲーム
・Graphic Jam(グラフィックジャム)
~抽象概念を絵にして共有するゲーム
・Heuristic Ideation Technique(経験則によるアイディア創出法)
~強制発想でアイディアを膨らませるゲーム
・History Map(ヒストリーマップ)
~組織の歴史観を共有するゲーム
・Image-ination(イメージネーション)
~写真カードを使ったアイディア出しのゲーム
・Low-Tech Social Network(ローテク・ソーシャルネットワーク)
~イベント参加者同士のつながりを深めるゲーム
・Mission Impossible(ミッション・インポッシブル)
~無理難題で発想の枠を超えるゲーム
・Object Brainstorm(オブジェクトブレインストーミング)
~小物を使ったアイディア出しゲーム
・Pecha Kucha/Ignite(ペチャクチャナイトとイグナイト)
~短時間でアイディアを発表し合うゲーム
・Pie Chart Agenda(円グラフアジェンダ)
~会議の時間の使い方を全員で決めるゲーム
・Poster Session(ポスターセッション)
~ポスターでアイディアを発表し合うゲーム
・Pre-Mortem(事前分析)
~プロジェクトが大失敗する経緯を予見するゲーム
・Show and Tel(l ショウ・アンド・テル)
~テーマを象徴する「物」を持ち寄るゲーム
・Show Me Your Values(価値観を示せ)
~写真や絵を使って価値観を引き出すゲーム
・Stakeholder Analysis(ステークホルダー分析)
~関係者の利害を理解することで視野を広げるゲーム
・Spectrum Mapping(スペクトルマッピング)
~多様な見解を並べて一覧化するゲーム
・Trading Cards(トレーディングカード)
~楽しい自己紹介カードを作って回覧するゲーム
・Visual Agenda(ビジュアルアジェンダ)
~会議の議題を凝ったポスターにするゲーム
・Welcome to My World(私の世界へようこそ)
~お互いの仕事の流れを推測し合うゲーム

◆探索のためのゲーム
・The 4Cs(4C)
~特定のテーマを4つの側面から掘り下げるゲーム
・The 5 Whys(なぜなぜ5回)
~問題の根本的原因を見つけ出すゲーム
・Affinity Map(親和図法)
~たくさんのアイディアを分類するゲーム
・Atomize(原子化)
~最小単位まで要素分解するゲーム
・The Blind Side(盲点)
~盲点がないかを多面的に検証するゲーム
・Build the Checklist(チェックリスト作り)
~グループでやるべきことを共有するゲーム
・Business Model Canvas(ビジネスモデル・キャンバス)
~ビジネスモデルの概略を試作するゲーム
・Button(ボタン)
~トーキングトークンを次の話者の指名ボタンにするゲーム
・Campfire(キャンプファイヤー)
~経験談の話の糸をつないでいくゲーム
・Challenge Cards(チャレンジカード)
~潜在的な課題を発見するゲーム
・Customer, Employee, Shareholder(顧客、社員、株主)
~将来像を多様な立場から想像するゲーム
・Design the Box(デザイン・ザ・ボックス)
~商品の特徴をパッケージ作りで示すゲーム
・Do, Redo & Undo(回避・再実行・取消)
~最悪のシナリオへの対処法を考えるゲーム
・Elevator Pitch(エレベーターピッチ)
~短時間でビジネスアイディアを伝えるゲーム
・Five-Fingered Consensus(5本指コンセンサス)
~参加者の理解度を確認するゲーム
・Flip It(反転)
~不安の裏返しによって希望を描くゲーム
・Force Field Analysis(フォースフィールド分析)
~変化を促す力と妨げる力を可視化するゲーム
・Give-and-Take Matrix(ギブアンドテイク・マトリックス)
~参加者同士の協力関係を可視化するゲーム
・Heart, Hand, Mind(心、手、頭)
~感情的・実用的・論理的の各観点で吟味するゲーム
・Help Me Understand(理解の手助け)
~従業員から首脳陣に疑問をぶつけるゲーム
・Make a World(世界を作ろう)
~理想像を3次元モデルで作り上げるゲーム
・Mood Board(ムードボード)
~プロジェクトの目指す姿をコラージュで表すゲーム
・Open Space(オープン・スペース)
~自発的・自己組織的にアイディアを深めるゲーム
・Pain-Gain Map(損得マップ)
~顧客の損得感情を理解するゲーム
・The Pitch(売り込み)
~アイディアを投資家に売り込むロールプレイングゲーム
・Product Pinocchio(ピノキオ)
~商品特性を擬人化によりデザインするゲーム
・Post the Path(道筋の提示)
~プロセスの理解をすりあわせるゲーム
・RACI Matrix(RACI図)
~関係者の責任分担を確認し合うゲーム
・Red:Green Cards(レッドカード・グリーンカード)
~賛成・反対をカードの色で知らせるゲーム
・Speedboat(スピードボート)
~プロジェクトの阻害要因を可視化するゲーム
・SQUID(イカチャート)
~質問と答えを連ねて理解を深めるゲーム
・Staple Yourself to Something(追跡)
~プロセスを最初から最後まで確認するゲーム
・SWOT Analysis(SWOT分析)
~ビジネスの強み・弱み・機会・脅威を分析するゲーム
・Synesthesia(共感覚)
~五感を意識したアイディア創出のゲーム
・Talking Chips(トーキングチップ)
~自発的かつ均等に話をするゲーム
・Understanding Chain(理解の鎖)
~質問の連鎖により理解を深めるゲーム
・Value Mapping(バリューマッピング)
~機能の優先順位づけをスピーディに行うゲーム
・The Virtuous Cycle(好循環)
~プロセスの循環モデルを描くゲーム
・Visual Glossary(ビジュアル用語集)
~抽象的な用語を可視化して共通理解を作るゲーム
・Wizard of Oz(オズの魔法使い)
~人間が機械を演じて問題を発見するゲーム
・The World Cafe(ワールドカフェ)
~カフェのように自然な対話を演出するゲーム

◆閉幕のためのゲーム
・$100 Test(100ドルテスト)
~仮想マネーで優先順位づけするゲーム
・20/20 Vision(視力検査)
~プロジェクトの優先順位づけをするゲーム
・Ethos, Logos, Pathos(エートス、ロゴス、パトス)
~アリストテレスの視点でプロジェクトを評価するゲーム
・Graphic Gameplan(図解式作戦計画)
~作戦計画をマップ化するゲーム
・Impact & Effort Matrix(成果・労力マトリックス)
~アクションの優先度を決めるゲーム
・Memory Wal(l 思い出の壁)
~前向きな思い出を共有し合うゲーム
・NUF Test(NUFテスト)
~新規性・有用性・実現性で優先順位づけするゲーム
・Plus/Delta(プラス&デルタ)
~活動を前向きにレビューするゲーム
・Prunme the Future(未来の剪定)
~特定テーマの未来に関するアイディア出しゲーム
・Start, Stop, Continue(開始・停止・継続)
~活動の棚卸しをするゲーム
・Who/What/When Matrix(「誰が・何を・いつ」マトリックス)
~アクション項目の整理をするゲーム

【出典】

 Dave Gray、Sunni Brown、James Macanufo(野村 恭彦監訳、武舎 広幸、武舎 るみ訳)「ゲームストーミング ―会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲーム」、オライリージャパン(2011)

コメント

コメントを投稿