PMstyle 2024年5月~8月Zoom公開セミナー(★:開催決定)

カテゴリ

Powered by Six Apart

« 【アジャイルプロジェクトマネジメント入門】アジャイルでプロジェクトマネジメント3.0 | メイン | 【プロジェクトを成功させるコミュニケーション】コミュニケーションの必要性と仕組み »

2011年6月 4日 (土)

【ファシリテーション・グラフィック】議論の筋道を図解化することで共通の認識を作る

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+
議論を見える化し、話し合いを効果的、効率的に進めていく手法を学ぶ
      PMstyleセミナーコンシェルジュ     鈴木道代
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【狙い】図を使って、議論を見える化し、ファシリテーションを効果的に進めていく
    ファシリテーション・グラフィックスキルの習得

【対象者】プロジェクトマネジャー、プロジェクトリーダー、プロジェクトスポンサ
     ー、プロジェクトメンバー

【効果】ファシリテーション・グラフィックスキルを習得することで、話し合いを効
    果的、効率的に進めることができるようになる

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

◆そもそも会議とは

そもそも会議はなぜ開かれているのでしょうか。
おそらく、大きくは、次の2つの目的のために開かれているはずです。

・関係者全員に連絡事項を知らせ、共通の理解を確認するため 
   ← 一人ずつに行うよりは時間が節約できる

・関係者全員が集まり、問題の解決や何かの決定を行う
   ← 全員の知恵を結集することで、コラボレーションによる決定を行う

そして、問題解決や何かの決定を行う場合でも、現在ある問題について、でてきた意
見の意味についてなど、会議の参加者間に理解の相違があっては会議の目的を達成す
ることができません。

例えば、30センチ四方の箱に物を詰め、そのあと出荷の段取りについての説明をして
いる場合、梱包作業をしている人にとっては30センチ四方は内寸ですが、配送の作業
をしている人にとってはサイズは外寸が当たり前です。

このように立場や担当業務仕事などが異なれば、理解が異なるわけですので、会議の
参加者全員の共通の理解を確認しながら、会議を進めていくことが重要です。

そのために通常、会議では、ホワイトボードなどに、開始・終了予定時間、議題、参
加者などを記載し、でてきた意見の中で重要な意見や決定事項を箇条書きで書いてい
ます。

また、これらのことを議事録としてまとめ、会議終了後に参加者に配布し、相違がな
いかを確認してます。

◆なぜ、共通の認識ができないのか

しかし、会議が終わってしまえば、あれ?内寸だっけ、外寸だっけ、と思い出せず、
議事録を確認しても記載されておらず(当たり前すぎて)、他の参加者に確認したと
ころ間違ったことを教えてもらい、場所の確保などで手違いがあり、箱が入りきらな
かったなど、後で大変な目にあうというようなことになってしまう場合もあります。

このようなことがないように、議論を整理(箇条書きだけではありません)し、図解
化するツールがファシリテーション・グラフィックです。

「ファシリテーション・グラフィック」セミナーの本年度第1回開催は以下の要領で
行います。奮ってご参加ください。


━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ファシリテーション・グラフィック                    ◆7PDU's
  日時:第1回 2010年07月08日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:ヴィラフォンテーヌ汐留(東京都港区)
  講師:加藤 彰 氏(日本ファシリテーション協会フェロー)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/facigra.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.オリエンテーション
2.ファシリテーション・グラフィックの入り口
3.描き方の基礎能力を鍛える
4.応用技を身につける
5.実務で使うために
6.まとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プロジェクトマネジャーとして、必須スキルであるファシリテーショングラフィック
をこの夏に習得しませんか。

お申込をお待ちしております。


◆◆PMOS2.0:ヒューマンスキルコースについて◆◆

本年度から、プロジェクトマネジメント活動に必要なスキルを習得するコースとして
、PMOS2.0コースを新設しました。

PMOS2.0コースは、テクニカルスキルコース、コンセプチュアルスキルコース
、ヒューマンスキルコース、マネジメントチームコースに分かれています。

ヒューマンスキルコースには、本セミナー

[OSH-2]ファシリテーション・グラフィック(7PDU's)
      http://pmstyle.biz/smn/facigra.htm

の他に、

[OSH-1]プロジェクトリーダーシップ 
      http://pmstyle.biz/smn/leadership20.htm

があります。 

 

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆[OSH-1]プロジェクトリーダーシップ                           ◆7PDU's
  日時:2011年06月29日(水)  10:00-18:00(9:40受付開始) 
  場所:ヴィラフォンテーヌカンファレンスセンター汐留(東京都港区)
  講師:鈴木 道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/leadership20.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.5つのリーダーシップ規範
2.リーダーシップとマネジメント
3.プロジェクト立ち上げにおけるリーダーシップ行動
4.プロジェクト実行におけるリーダーシップ行動
5.プロジェクト終結におけるリーダーシップ行動
6.プロジェクトのトラブル時のリーダーシップ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プロジェクトにおけるリーダーシップ行動を理解し、実践する方法を学ぶセミナーに
参加しませんか。

お申込をお待ちしております。

                                  鈴木道代

コメント

コメントを投稿