カテゴリ

Powered by Six Apart

PMstyle 12月~2022年3月ZOOM公開セミナー(★:開催決定)

Twitterアカウント(PMstyle)

PMstyle facebook

« 【コンセプチュアルスタイル考】第36話:PMOのためのコンセプチュアルスキル | メイン | 【PMスタイル考】第129話:まねるとは本質を理解し、実現することである »

2017年10月 4日 (水)

【「コンセプチュアル思考」でプロジェクトを動かす】第1回 なぜ、ITプロジェクトは混乱するのか

◆なぜ、ITプロジェクトは混乱するのか

Conceputual_2

次のようなプロジェクトを考えてみよう。

ある通販会社で経営層から「ロイヤルカスタマー戦略のテコ入れによる収益向上」と
う戦略が打ち出された。その実行の一環としてロイヤルカスタマーへの新たな働きかけをする、これまでにはない仕組みの構築を課題としたプロジェクトを実施することになった。

これまではロイヤルカスタマーに対する値引きは行っていたが、即日配送、特別な情報提供などできそうなことはいくらでもある。加えて、これまでには行われていない方法を取ることを前提にすれば、考える範囲はほぼ制約がない。一方でコストは決まっているので、その制約は守らなくてはならない。

このようなプロジェクトにおいて、いきなり、具体的にどのような仕組みを持たせるかを決めようとしても、新しい独自の仕組みを固定的に考えることは非常に難しく、試行錯誤してみなくては決まらない可能性が高い。また、強引に決めてもプロジェクトを進めていくうちに、実現できない、予算が足らないといった問題に直面することが多い。

そもそも、ロイヤルカスタマーの定義は今のままでいいのかといった話にもなってくるだろう。

たとえば、注文の仕組みを変えて、ロイヤルカスタマーになれば他の人に商品を奨めた場合のロイヤリティが入る仕組みを取り入れようとした。ところが、ロイヤルカスタマーがそれなりに満足するにはどういう仕組みにすればよいかは実際にやってみないと分からない部分が多い。仕組みによって、システムの仕様だけではなく、範囲も変わってくるだろう。

このようにシステムとして開発すべき範囲や仕様を明確にした上で、システムを開発するという方法が通用しにくい「ITプロジェクト」が増えている。

にも関わらず、要求仕様を強引に決めようとする。プロジェクトを進めていくうちに、結果として要求仕様は変化し、ステークホルダーの間でプロジェクトの目的に対する共通の認識がなく、また、チームにおいても指針がなく開発を進めていくケースが増えている。

従来のプロジェクトではプロジェクトの目的はシステム目的によってほぼ決まっていたし、システムの要求仕様もプロジェクトの初期で決まっていたので、あえてプロジェクトの目的を意識する必要はなかった。

ところが、問題としているタイプのITプロジェクトでは、プロジェクトの目的とシステムの目的は必ずしも一致しない。つまり、明確なゴールを設定しないままで、プロジェクトを開始することになる。

プロジェクトのゴールが明確になっていない状況でプロジェクトを進めると、プロジェクトは例外なく混乱する。これが、いま、ITプロジェクトが混乱しているもっとも大きな原因である。


◆ビジネスにおけるシステムの位置づけの変化とその対応

そもそも、ITプロジェクトは、かつてはITソリューションを実現するものであり、ビジネスの仕組みを支える土台であった。ところが、最近は、ビジネスソリューションの一部を構成し、ITシステムの一部がビジネスの仕組みそのものになってくるものが増えてきた。前者においてはITシステムはプロジェクトの初期の段階でその範囲や機能がある程度決まっているが、後者においてはITシステムとしてどのようなものが必要になるのかはプロジェクトの進行とともに決まってくるケースが多い。

特にプロジェクトで実現したいことが現状の延長線上にないイノベーション(新価値創造)を目的としたプロ

ジェクトにおいては段階的に詳細化していくだけではなく、試行錯誤をしながら仕様を決めていかなくてはならないケースも増えている。

このため開発方法としても、従来のようなウォーターフォールだけではなく、アジャイルのような方法も注目されるようになってきた。

このような状況の中で、プロジェクトの進行そのものも考え直さなくてはならなくなってきている。従来は要求仕様をしっかりと定義できればよかったが、新価値創造型のプロジェクトにおいては要求仕様をプロジェクトの早期に決めることは難しいし、決めるのは遅い方がよい。

そこで、新価値創造のためにプロジェクトで解決しなくてはならない課題に対して、その課題を解決する方法を合理的に考え、実行していくことが必要になってきた。

本連載は、ITプロジェクトに限らず、新価値創造の求められるプロジェクトに対して、「コンセプト」を中心に

したアプローチについて解説するものだ。


◆関連書籍

なお本連載は最近出版された書籍

482225948x_5

「「コンセプト力」でプロジェクトを動かす」
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/482225948X/opc-22/ref=nosim

をベースにして、話をしていく予定でですので、こちらの本もご一読いただければ幸いです。


◆連載関連セミナーのご案内

PMstyleでは本連載と関連した講座を行っています。

既にコンセプチュアル思考を学んでいらっしゃる方に向けたプロジェクトマネジメントに焦点を当てた1日版と、コンセプチュアル思考を学んだ上でコンセプチュアルプロジェクトマネジメントを学べる2日版があります。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆《1日版》「コンセプト力」でプロジェクトを動かす
    ~コンセプチュアルプロジェクトマネジメントの進め方 ◆(7PDU's)
  日時:2017年 10月 25日(水)  10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_pm.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】                     
  1.プロジェクトに必要な「コンセプト力」とは
   1-1 「コンセプト力」とは
   1-2 コンセプチュアル思考によるコンセプト作成
  2.コンセプト力でプロジェクトを動かす
   2-1 コンセプト・目的・目標の設定
   2-2 要求の洞察
   2-3 計画の策定
   2-4 統合マネジメント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

《2日版》
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆《2日版》「コンセプト力」でプロジェクトを動かす
    ~コンセプチュアルプロジェクトマネジメントの進め方 ◆(14PDU's)
  日時:2017年 09月 25日(月)~26日(火)  10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_pm.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】                     
  1.コンセプト力をモノにする
   1-1 プロジェクトに必要な「コンセプト力」とは
   1-2 構造化・概念化・直観で本質を見抜く
   1-3 コンセプチュアル思考によるコンセプト作成
   1-4 コンセプチュアル思考でプロジェクトを設計する
   1-5 コンセプチュアル思考でチームを動かす
  2.コンセプト力でプロジェクトを動かす
   2-1 目的・目標の設定
   2-2 要求の洞察
   2-3 マネジメント計画の策定
   2-4 ステークホルダーマネジメント
   2-5 トラブルの本質的な問題の見極め
   2-6 統合マネジメント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント

コメントを投稿