カテゴリ

Powered by Six Apart

PMstyle 12月~2022年3月ZOOM公開セミナー(★:開催決定)

Twitterアカウント(PMstyle)

PMstyle facebook

« 書籍プレゼント「計画の技術」当選者発表 | メイン | 【プロデューサーの本棚】リ・インベンション: 概念のブレークスルーをどう生み出すか »

2013年5月27日 (月)

【告知】イノベーションに必要なプロジェクト管理を学ぶ

Sosiki1 これまでプロジェクト管理はIT企業の専売特許でしたが、ここにきてイノベーションの機会が増え、どんな業界でも必要なスキルになってきました。

プロジェクトを大きく分けると問題解決型と創造型の2種類に分けることができます。問題解決型ではスピードがポイントになります。創造型では多様性がポイントになります。

一方で、プロジェクトマネジメントも2つに分けることができます。一つは現場のプロジェクトマネジメントでPMBOK(R)に代表されるものです。もう一つは、組織的プロジェクトマネジメントです。両者の間は、組織的プロジェクトマネジメントがプロジェクトの方針(目的)、目標、制約、前提を決め、現場のプロジェクトマネジメントがそれをクリアするという関係があります。

問題解決型ではスピードが求められますので、与えられた目標を如何に合理的に達成するかが問われます。これは現場のプロジェクトマネジメントを中心に行わ れます。これに対して、創造型では多様性がポイントになります。多様性はプロジェクトの実施方針はもちろん、前提や制約をうまく設定することによって実現 されます。つまり、創造型では組織的プロジェクトマネジメントの方が重要になってきます。

イノベーションプロジェクトは創造型のプロジェクトであり、組織的プロジェクトマネジメントの方が重要です。組織的プロジェクトマネジメントには2つの要素があります。

一つはプロジェクトガバナンスです。これには、

・プロジェクトの統治
・ビジネスケースの成果責任とベネフィットの実現
・方向性の提示と意思決定
・クリティカルなプロジェクトレビュー
・内外組織との関係の管理
・プロジェクトの代表としてのシニオリティ

のような活動があり、プロジェクトを統治することによって、プロジェクトチームが創造に向けて自由に活動できるようにします。

二つ目は、スポンサーシップで、

・信頼でき、有用なネットワーク構築と活用
・リーダーシップの提供
・ステークホルダとの効率的な関係維持
・支援の準備とタイムリーな実行

といったプロジェクトの支援活動です。特に、イノベーションプロジェクトにおいては、ステークホルダの協力が不可欠であり、その関係維持が重要課題となります。

また、このような活動以外に、イノベーションを支援するマネジャーとしてのアクションとして

・不確実さへの対処
・優れたコミュニケーション
・自己管理

なども求められます。

このセミナーでは、プロジェクトガバナンスとスポンサーシップ、アクションからなる組織的プロジェクトマネジメントについて学びます。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【2013.06.12】━
◆マネジャーのためのプロジェクト管理講座                         ◆7PDU's
  日時:2013年 06月 12日(水)  10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:ヴィラフォンテーヌ汐留(東京都港区)
  講師:好川哲人(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、MBA)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/pm_managers.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.管理者からみたプロジェクト活動の位づけ
2.プロジェクトに対する管理者の役割と責任
3.組織の方針をプロジェクトにより実現する
4.管理下のすべてのプロジェクトを成功させるために
5.ビジネスの成果が上がるプロジェクト実行環境の構築
6.人材育成と風土づくり
7.プロジェクトスポンサーシップを身につける
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント

コメントを投稿