« 【イノベーション・プロジェクト・マネジメント(1)】イノベーションのマネジメントとは | メイン | 【プロジェクトリーダーのためのコンセプチュアルスキルノート(3)】コンセプチュアルなプロジェクトリーダーは常に洞察する »

2016年8月19日 (金)

【プロジェクトリーダーのためのコンセプチュアルスキルノート(2)】コンセプチュアルなプロジェクトリーダーは常にWHYを考える

バックナンバー http://mat.lekumo.biz/ppf/conceptual_note/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Why3

◆プロジェクトはWHATから始まる

今回は、WHYについてである。

プロジェクトマネジメントの基本で習うように、プロジェクトはWHATから始まる。これは事業や業務のオペレーションとして、何をすべきか明確であり、それをスコープとしてプロジェクトとして行うという位置づけによる。そして、最初に決めたWHATでロジェクトを定義し、4W2Hを明確にし、プロジェクトを計画する。

たとえば、製品開発であればビジネスケースが決まったところでプロジェクトが定義され、立ち上がる。





◆WHYから始めるアジャイル

しかし、最近のプロジェクトはこの順序が通用しないものが増えてきた。たとえば、アジャイルのプロジェクトである。アジャイルのプロジェクトではプロジェクトを進めながらWHATを決めていく。

その場合、明確にしなくてはならないのは、WHATではなく、WHYである。なぜ、そのプロジェクトをやるのか、なぜその成果物(システム)が必要なのかを明確にしておかないと、プロジェクトが進んでいるうちにぶれてしまう。

ただし、アジャイル開発で行うようなケースは、そうはいいながらある程度、ビジネスケースが決まっているケースが多い。プロジェクトマネジメントでいうところのローリングウェブとそんなに大差ないと言ってもいいだろう。しかし、もっと極端なケースもある。たとえば、イノベーションプロジェクトである。


◆WHATを考える必要がないプロジェクト

イノベーションのプロジェクトでは、WHATは結果であり、問題になるのはWHYである。なぜ、その活動(プロジェクト)をやるのかを明確にするが、WHATにはこだわらない。何が生まれるか、どんなカテゴリーの製品やサービスが生まれるかわからなくても問題ない。むしろ、そこには大きな可能性があった方がよい。

日本企業でイノベーションがなかなかうまく行かないのは、最初にWHATを決め、ビジネスケースを決めようとするからだ。そうではなく、まず、WHYから決める。そして、WHYを満たすWHATを探していく。

このような考えで成功したプロジェクトは米国ではたくさんある。たとえば、iPhoneがそうだ。何を作るかは定かでない。携帯電話かというとそうとも言い切れない。
「生活を変える」というWHYだけがはっきりしていた。そして、WHYを達成できたところがゴールだったわけだ。あるいは、facebookやGoogle Mapなどもそうだった。


◆コンセプチュアルなプロジェクトマネジャーは常にWHYを考える

WHYの2つの位置づけを述べてきたが、いずれにしても、コンセプチュアルなプロジェクトマネジャーは常にWHYを考え、WHYに基づいてプロジェクトを操ることを求められる。もちろん、スコープに関してだけではない。

たとえば、スケジュールを立てるときに、なぜ、そのスケジュールなのかを明確に説明でき、スケジュールを自由に操れる。コストを見積もるときに、なぜそのコストなのかを明確にでき、コストを自由に操れる。要員を調達するときに、なぜ、その要員が必要なのかを明確にできなくてはならない。すべて過去の実績に基づくというのが通用しない世界でである。

このように常に、WHYを追求していくことと、前回述べた本質を見極めてマネジメントしていくことは深い関係がある。スコープ、スケジュール、コスト、要員などに対して、すべてのWHYが交差するところにプロジェクトの本質が見えてくる。本質を見極め、本質に外れたことはやらない。

プロジェクトの本質を常に考えながら、プロジェクトをマネジメントできるプロジェクトマネジャーになろう。

◆コンセプチュアルスキルを学ぶセミナー

PMstyleでは、コンセプチュアルなプロジェクトリーダーになるための基本スキルを学ぶセミナーを開催しています。コンセプチュアルなプロジェクトマネジャーを目指したい方の参加をお待ちしています。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアルスキル実践              ◆(14PDU's)
  日時:2016年 09月 13日(火)~ 14日(水)10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:銀座ビジネスセンター(東京都中央区) 
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_practice.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                     
   1.本質を洞察し、応用する
   2.本質を見極めるスキル
   3.コンセプチュアルに考える5つの思考
   4.洞察力を高める
   5.応用力を高める
   6.思考をコンセプチュアルにするツール
   7.コンセプチュアルが行動を変える        
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント

コメントを投稿

PMstyle 6月~9月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。