« 【イノベーション戦略ノート:043】好き嫌いから始めるイノベーション | メイン | 【イノベーション・リーダーシップ】第27話 イノベーティブリーダーの質問力(10)~組み合わせに関する質問 »

2014年7月30日 (水)

【イノベーション・リーダーシップ】第26話 イノベーティブリーダーの質問力(9)~感情的/精神的なベネフィットを与える

バックナンバー http://mat.lekumo.biz/ppf/cat9922971/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kanjyo

◆機能によるユニークなベネフィットは現実的には難しい

前回に続き、製品に関する質問について考えていく。前回は、

(1)新しいトレンドをどうすれば利用できるか
(2)顧客の煩わしさを取り除き、ユニークなベネフィットを与えるにはどうすればよいか

の2つの質問について考えた。3つ目の質問は

(3)私たちの製品によって顧客はどのような感情的、精神的、立場的なベネフィットが得られるか

というものだ。多くの製品は前回の(2)の質問に答えられなくては存在意義がない。だた、(2)だけでは不十分であることも確かだ。多くの競合製品は(2)において同等な答えを準備しているからだ。



◆iPhoneにみる感情的なベネフィット

この場合に(3)の質問の意味が出てくる。このもっとも典型的なパターンはiPhoneであろう。iPhoneは初期において(2)に質問に対してすばらしい答えを提供したのはいうまでもない。しかし、発売より5年経った今、(2)だけで突出した存在であるとは言い難くなっている。しかし、いまだにスマートフォンの代名詞になってるのは、単に「元祖」というだけの理由ではなく、(3)の質問に対してすばらしい答えを提供しているからに他ならない。

たとえば、発売日の1週間前からアップルストアに並ぶ客がいる。これは、iPhoneを持つことによって誇らしい気分になると同時に、それが一種のステータスシンボルになるからだ。とくに今回のゴールドカラーのように、見た目が新しい機種を持つというのはステータスシンボルになる。iPhoneのユーザーはこのようなことをベネフィットと感じるというわけだ。


◆顧客とのつながりを創造する

実際に(3)がイノベーションにとって有効な切り口になることは多い。具体的にいえば、アップルがそうであるように顧客とのつながりを創造しているわけだ。このつながりの創造というのがビジネスモデルとして新しいビジネスモデルで、多くの一流企業が取り組んでいるイノベーションである。

もっと重要なことは、そのつながりを通じて顧客のニーズや要望を反映できる形にあることだ。

さらには感情的な結びつきが顧客と製品の間にあるかどうかも重要である。企業のファンの第一歩は顧客と製品の感情的な結びつきである。


◆顧客の情熱をかきたてる

もう一つ、考えるべき質問を示しておく。それは、感情的な結びつきに近いものだが、

(4)私の製品のどんな機能が顧客の情熱をかきたてているのか

と言う質問である。これはイノベーションを考えるに当たって極めて重要な質問である。


◆Thinkpadという製品

著者はレノボのThinkpadというパソコンのユーザーである。Windows98が登場するまではMacintoshを使っていたが、仕事で使いにくくなったので、Windowsパソコンに乗り換え、Thinkpadを使っているので、ファンといってよいと思う。Thinkpadでならなくてはならない理由がある。それは、トラックポイントというキーボードの中にあるポインティングデバイスである。これを使い出すと、トラックパッドは不自由でしかたない。この機能がThinkpadというパソコンへの情熱をかきたてている。

ちなみにThinkpadというのはコンサルタントなど、プロフェッショナルな仕事をする人のステータスシンボル的な製品でもあり、感情的、立場的なベネフィットをもたらしている製品でもある。

IBMからパソコン事業を買ったレノボは非常に創造的な展開をしている。自由な姿勢をとれるPCとか、20インチのタブレットとか、さまざまな可能性を提案しているが、Thinkpadのラインは触っておらず、従来のプロ仕様というコンセプトの中で発展をさせている。レノボは顧客の情熱をかきたてる機能は宝であり、それを将来的の製品に残していくことの重要性をよく分かっているといえよう。


◆関連セミナー

PMstyleでは、イノベーティブ・リーダーの質問力を向上させる目的のセミナーを実施します。

━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆イノベーティブ・リーダーの質問力
          ~問いから始まるイノベーションの生み出し方 ◆7PDU's
  日時:2014年 08月 26日(火)  10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区)  
  講師:好川哲人(エムアンドティ・コンサルティング)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/inquiry.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】
1.質問がイノベーションを生む
2.誰に質問するのか
3.質問の構造と技術
4.イノベーションを生む質問
(1)思い込みや常識を覆す質問をする
(2)挑発的な質問をする
(3)破壊的な質問をする
(4)コンセプトを革新する質問をする
5.質問力を養うには
6.質問を行う場のデザイン
7.質問ストーミング(ワークショップ) 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント

コメントを投稿

PMstyle 11月~19年3月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。