« ≪サプリ385≫リーダーは例外事項の意思決定をするために存在する | メイン | 【コンセプチュアル仕事術】第6話~ロジカルシンキングの本質 »

2013年11月17日 (日)

【イノベーション・リーダーシップ】第23話 イノベーティブリーダーの質問力(6)~顧客の選定基準・ニーズ・感情に関する質問

Erabu◆前回の復習

前回はユーザを

【1】購入している人(顧客)
【2】将来購入する可能性のある人(見込み客、ファン)
【3】購入できるが、購入していない人(見込み客、ファン、など)

の3つに分け、【1】に対する質問として、

(1)私には思いもよらなかった方法で製品を使っているのは誰か。それはどういう使い方か。

という質問を取り上げた。この質問の本質は、顧客にとって製品の本質は問題解決であるということである。



◆製品を選ぶ基準

そこで、【1】の二番目の質問として次の質問を考えてみる。

(2)顧客が私たちの製品を選ぶときの基準はなにか

この質問のポイントは、

・あなたの基準と顧客の基準が合致しているか
・あなたはどちらの基準で製品を設計しているか
・顧客の言動は一致しているか

などである。これらのポイントを考えることは、イノベーションにどのように取り組めばよいかのヒントになるだろう。


◆顧客のニーズへのこだわり

次の質問に移ろう。次は、顧客の欲しいものについてどう考えているかを問う質問で、

(3)顧客が欲しいとあなたが信じているものはどのようなものか

で ある。この質問も重要だ。仮にあなたが顧客が欲しいものを理解していても、それをどのように実現したいかは別の話である。たとえば、顧客が業務の生産性を 上げたいとする。これが欲しいものだ。これに対して、あなたがITベンダーだったとすると、ITを活動した生産性の向上をイメージするし、提案するだろ う。

しかし、実際には違うかもしれない。顧客は従業員の生産性を画期的に向上するパフォーマンス向上のトレーニングをしたいと思っている かもしれない。このように自分たちにこだわりがあるところではしばしば思い込みが発生するが、思い込みを捨てるとそこに、自分たちの今やっていることを顧 客のニーズに併せていくイノベーションのテーマがあるかもしれない。たとえば、ITを活用した画期的なワークプレースラーニングを行うなど。

も う一つこの質問から気づくべきことがある。それは、顧客は誰かという問題だ。顧客が一人の場合と複数の場合では、「欲しいもの」の意味が違ってくる。複数 の場合には、複数の顧客が同じニーズを持っているかが問題になるし、実現方法の選択プロセスも考慮しなくてはならない。

また、複数の顧客に対しては、ニーズの優先度のつけ方が問題になってくる。これらの問題はイノベーションのテーマの選定に大きな影響を与えるだろう。


◆感情に関する質問

さらに、既存の顧客に対しては、あと2つ考えるべき質問がある。感情に関する質問である。

(4)自分たちの製品に熱中してくれているのは誰か
(5)自分たちの製品に不満を持っているのは誰か

どんなイノベーションにも共通していえることは、成功に感情的要因が絡むことである。感情的に受け入れられない製品やサービスはおそらくそれが画期的なものであってもうまくいかない。画期的であることに気づかず、やがて埋もれているだろう。

したがって、感情に関する要素、たとえばこの製品がないと生きていけないとか、この製品は便利であるを超えて感謝するといった感情の芽生えを知ることはイノベーションを成功させるために大きな意味があることだ。逆に、マイナスの感情について知ることも意味がある。

以上の5つが、イノベーションのために、【1】のすでに購入している人に対する質問として効果的な質問である。



◆関連セミナー

PMstyleでは、イノベーティブ・リーダーの質問力を向上させる目的のセミナーを実施します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆イノベーティブ・リーダーの質問力
           ~問いから始まるイノベーションの生み出し方◆(7PDU's)
  日時:2014年2月21日(土)10:00-18:00(9:40受付開始)   
  場所:ヴィラフォンテーヌ汐留コンファレンスセンター(東京都港区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/inquiry.htm
  主催:    株式会社プロジェクトマネジメントオフィス
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】
    1.質問がイノベーションを生む
    2.誰に質問するのか
    3.質問の構造と技術
    4.イノベーションを生む質問
    (1)思い込みや常識を覆す質問をする
    (2)挑発的な質問をする
    (3)破壊的な質問をする
    (4)コンセプトを革新する質問をする
    5.質問力を養うには
    6.質問を行う場のデザイン
    7.質問ストーミング(ワークショップ)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント

コメントを投稿

PMstyle 4月~9月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。