« 【コンセプチュアル仕事術】第5話~T型人材とΠ型人材のコアスキル | メイン | 【イノベーション・リーダーシップ】第22話 イノベーティブリーダーの質問力(5)~イノベーションにとってもっとも重要な質問 »

2013年11月10日 (日)

【イノベーション・リーダーシップ】第21話 イノベーティブリーダーの質問力(4)~動向から問題を発見する

Doko◆創造性を解放する

前回は、思い込みや暗黙の前提を打ち破る質問について考えてみた。

スタンフォード大学で、プロダクトデザインの名物講座を持つジェイムズ・アダムス教授は、人間は生まれつき創造力を持っているが発揮できない。その理由は、知覚、感情、文化、環境、知性、表現などのさまざまな心理的障壁であり、それを取り除いてやれば創造力は自然に発揮されるようになるということで、障壁を取り除くさまざまな方法を紹介した本を書いた。

「メンタル・ブロックバスター―知覚、感情、文化、環境、知性、表現」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833420430/opc-22/ref=nosim

という本だ。この中でも質問が使われている。興味がある人はぜひ、読んでみてほしい。

イノベーションに質問を使う基本的な目的の2つ目は問題発見だ。



◆メンタリング的質問

ということで、今回から問題発見によりイノベーションを生み出すことをテーマに質問を考えてみたいと思う。問題は自分や自組織がバリアになっているわけではないが、意外と簡単に気づきに結びつくことがある。

コンサルタントはこのような質問を発する立場になることが多いが、ポイントは徹底的に突っ込むことである。前回の思い込みや暗黙の前提を破ることは最終的には本人や組織としての気づきの問題であるので、コーチング的な気づきを誘発する質問アプローチが効果的である。

これに対して、イノベーションのための問題発見は問題の視点を質問で与えることが重要である。コーチングとの対比でいえば、メンタリング的な質問が効果的である


◆イノベーションに結びつく問題のカテゴリー

最初にイノベーションに結び付く問題のカテゴリーを考えてみよう。思いつくままに上げていくと、

・動向(技術、業界、経済)
・製品やサービス
・価格
・顧客や市場
・物流などのプロセス
・マネジメント

といったものが考えられる。それぞれについて問題をあぶりだす質問を考えてみよう。


◆動向に対する質問

動向にはいろいろとある。以前であればイノベーションのチャンスになるのは圧倒的に技術動向が多かったが、今は、むしろ、業界の動向がチャンスになることが多い。特に、ビジネスモデルである。

そこで、動向を背景にした問題に対する質問としては例えば以下のようなものが考えられる。

・我々のビジネスモデルを根本的に崩壊させる業界動向はどのようなものか
・我々のビジネスモデルを根本的に崩壊させる経済動向はどのようなものか
・我々のビジネスモデルを根本的に崩壊させる技術動向はどのようなものか


◆回答のシミュレーション

質問のイメージを掴んでもらうために、回答のシミュレーションをしてみよう。

時 計を巻き戻し10年前の書籍販売(本屋)のビジネスを考えてみると、本屋以外の競合の増加と、ネットワーク販売の増加だ。特に雑誌とコミックスはコンビニ が競合になってきた。経済的な動向としてはデフレで、本が売れなくなってきた。技術的な動向としては、ネットワーク販売の技術が確立されてきたことと、電 子書籍が出てきたことがあげられるだろう。

このような質問への答えを切り口にして、では、本屋がネットワーク販売に勝つにはどのようなビジネスモデルを作ればよいのかという問題解決のテーマが決まる。あるいは、電子書籍に対してどのような取り組みをするかという課題としてテーマが見つかる場合もある。


◆別の質問

あるいは、こんな質問も考えられる。

・1年後に自分たちが新しい動きに乗っていないとすれば、その原因はなんだろう

こ の質問に答えることによって、自分たちが抱えている問題が明確になる。例えば、ネットワーク販売に勝つには、自らがネットワーク販売を手掛けるしかないと 考えたとしよう。新しい動きにのっていくわけだ。ところが、この方向性が取りにくいのは物流費にある。この問題をどうするか。

たとえば、地場の書店同士のアライアンスを組んではどうだろう。ということで、イノベーションのための課題が絞り込まれてくる。

このような思考や活動の切り口になり、かつ、触媒になるのは質問である。

製品やサービス以降の質問については次回にする。


◆イノベーティブ・リーダーとしての質問力をつけるセミナー

PMstyleでは、イノベーティブ・リーダーの質問力を向上させる目的のセミナーを実施します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆イノベーティブ・リーダーの質問力
           ~問いから始まるイノベーションの生み出し方◆(7PDU's)
  日時:2014年2月21日(土)10:00-18:00(9:40受付開始)   
  場所:ヴィラフォンテーヌ汐留コンファレンスセンター(東京都港区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/inquiry.htm
  主催:    株式会社プロジェクトマネジメントオフィス
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】
    1.質問がイノベーションを生む
    2.誰に質問するのか
    3.質問の構造と技術
    4.イノベーションを生む質問
    (1)思い込みや常識を覆す質問をする
    (2)挑発的な質問をする
    (3)破壊的な質問をする
    (4)コンセプトを革新する質問をする
    5.質問力を養うには
    6.質問を行う場のデザイン
    7.質問ストーミング(ワークショップ)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

コメント

コメントを投稿

PMstyle 1月~3月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。