« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月25日 (火)

【報告】PM養成マガジン1000号アンケート(PM養成マガジンに関する質問編)

1000号アンケートにご協力を戴き、ありがとうございました。

実は、このアンケート、記事のジャンルやテーマを尋ねるなど、アンケートとしては抽象的で答えにくいアンケートになっているため100名を目標にしていました。ところが、なんと130名の方から回答を戴きました。本当にありがとうございました!

皆様から頂きました貴重な意見は、今後、ネタにしたり、企画の参考にさせて頂こうと思っていますが、とりあえず、結果を公開します。この記事では、PM養成マガジンに関する回答を紹介し、10周年記念セミナーがらみは、後日、別途公開します。また、結果に対する感想などは、まずはPM養成マガジンに掲載し、そののちに本ブログに掲載する予定です。

なお、「他の作者のメルマガで業務上の目的で購読しているものがあれば教えてください」という問いについては、不正確な回答があり、お答えいただいた内容ではどのメルマガか判断しかねるものがありました。このままで公開する発行者などへ迷惑をかける可能性があると判断しましたので、公開は見送ります。ご了解ください。この点を了解の上、結果を知りたい方はPM養成マガジン編集部までご連絡ください。個別にお送りします。

ということで、この記事で回答を紹介するのは、回答者属性に加えて、以下の6つの問いに対する回答です。グラフはクリックすれば、大きさサイズを見ることができます。

1.いつから、PM養成マガジンを購読していますか?
2.PM養成マガジンの記事で役立っていると思うジャンルを教えてください
3.一番印象に残った連載記事を教えてください(すでに終了したものでも結構です)
4.今後、記事を増やしてほしいジャンルを一つ教えてください
5.希望される具体的な連載テーマがあれば教えてください
6.PM養成マガジン公式ブログ「プロジェクトの補助線」を読まれていますか?

 

続きを読む »

【PM2.0事始め】第7回 灯台にもアンカーにもなる目的を設定する

Fa前回は、戦略的アラインメントの6つの成功条件

(1)バランスがとれ、また、よく考えられた目的・目標の設定されていること
(2)明確で、かつ、耐久性のある目的が設定されていること
(3)階層化をきちんとできるようなフレームワークがあること
(4)目標が計測可能であること
(5)ステークホルダの合意形成が行われていること
(6)実行計画が組織としての仮説になっており、実施体制作りが十分であること

のうちの(1)について説明した。今回は(2)について説明する。

続きを読む »

2011年10月18日 (火)

【PM2.0事始め】第6回 目的や目標のバランスをとる

Fa◆戦略アラインメントの成功条件

前回は、戦略的アラインメントの成功の条件は

(1)バランスがとれ、また、よく考えられた目的・目標の設定されていること
(2)明確で、かつ、耐久性のある目的が設定されていること
(3)階層化をきちんとできるようなフレームワークがあること
(4)目標が計測可能であること
(5)ステークホルダの合意形成が行われていること
(6)実行計画が組織としての仮説になっており、実施体制作りが十分であること

の6つに集約されることを述べた。

今回から、これらについて説明していきたい。

続きを読む »

2011年10月11日 (火)

【PM2.0事始め】第5回 戦略的アラインメントを成功させるには

Fa ◆戦略的アラインメントを成功させる条件

前回、戦略的アラインメントのゴールとして3つのゴールとして

(1)組織の成長を最大化する
(2)無駄をなくす
(3)シニアマネジャーの組織統制の強化をする

があると述べた。また、そのためのアプローチについて説明した。今回からは、これらの戦略的アラインメントを成功させるためには、何を配慮すればよいかを説明する。

まず、ざっと箇条書きにすると

(1)バランスがとれ、また、よく考えられた目的・目標の設定されていること
(2)明確で、かつ、耐久性のある目的が設定されていること
(3)階層化をきちんとできるようなフレームワークがあること
(4)目標が計測可能であること
(5)ステークホルダの合意形成が行われていること
(6)実行計画が組織としての仮説になっており、実施体制作りが十分であること

の6つくらいに集約される。以下に、それぞれを簡単に説明しよう。

続きを読む »

2011年10月 4日 (火)

【PM2.0事始め】第4回 戦略アラインメントのゴール

Fa ◆戦略アラインメントのゴール

前回は戦略アラインメントの視点について説明をした。今回は、もう少し踏み込んで、戦略アラインメントで何を目指すかを説明しておく。

大きく考えると、戦略アラインメントの落とし処(ゴール)は以下の3つだと思われる。

(1)組織の成長を最大化する
(2)無駄をなくす
(3)シニアマネジャーの組織統制の強化をする

では、これをどのように実現していけばいいのか?それぞれについて考えて見よう。

続きを読む »

PMstyle 2月~3月公開講座(★:開催決定)

PMstyle facebook

Twitterアカウント(PMstyle)

カテゴリ

Googleメニュー

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

好川哲人

技術士&MBA 技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。