« 候補から4冊に絞りました。 | メイン | 「プロジェクトマネジメントに携わる人に読んでほしい本」2010年版 »

2011年1月13日 (木)

ビジネス書の杜Award2010「このビジネス書がすごい!2010」

2010award 毎年の恒例になっています、「ビジネス書の杜」主宰者・好川哲人が選ぶ「このビジネス書がすごい!2010」(ビジネス書の杜Award2010)は

ジェームズ・クーゼス、バリー・ポズナー(金井壽宏監訳、伊東奈美子訳)「リーダーシップ・チャレンジ」、海と月社(2010)


を選びました。第2回以来、3年ぶりに翻訳書を選びました。

この本について、アマゾンのレビューに

「日本ならQCサークルのリーダー研修で教えるような、初歩的な事項」

と書かれている方がいらっしゃいますが、まさに、そうです。初歩的かどうかはともかくとしてリーダーであれば、どのような立場の人でも、間違いなく「役立つ」内容です。

実は今年の対比法の結果、第1位がこの本で、第2位の本はタル・ベン・シャハー教授の「ハーバードの人生を変える授業」でした。「ハーバードの人生を変える授業」の前書きに「生産的知識」という言葉の紹介がでてきます。この言葉は、ハーバード大学のディヴィッド・パーキンスン教授が提唱されている概念で、「自分たちをとりまく世界をよく理解して、状況にうまく対処するための知識」のことだそうです。ビジネス書の杜では、本に書かれていることが「役立つ」というのはそういうことだと考えています。

この本に書かれていることは、リーダーシップに関する「生産的知識」です。それがこの本を選んだ理由です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31149293

ビジネス書の杜Award2010「このビジネス書がすごい!2010」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

コメントは拒否されました。

Lekumo ビジネスブログ mixi またはその他のOpenIDでログインしてください

facebookページ

Twitterアカウント

カテゴリ

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google
Powered by Six Apart