« 強い個をベースとしたリーダー論 | メイン | リスペクトすることについて考えてみよう »

2006年12月15日 (金)

プロフェッショナルの具体的イメージ

4480063331_01__aa240_sclzzzzzzz_v3576063 波頭亮「プロフェッショナル原論」、筑摩書房(2006)

お奨め度:★★★★

ありそうでなかった本。プロフェッショナルとは何か、プロフェッショナルであるためには何を守らなくてはならないか、プロフェッショナルであるためにはどのような日常を送らなければならないかなどをまとめた1冊。まさに、原論である。

この手の本は、結構、持論に走り勝ちであるが、著者はコンサルタントだけあって、自分のフレームを作り、そこに、世の中にあるいろいろな認識を自分の言葉でうまく整理して、決して独断だけではないプロフェッショナル論を展開している。

著者の述べるプロフェッショナルの3つの要件は

1)プロフェッショナルは極めて高度な知識や技術に基づいた職能を有していなければばらない(職能に関する規定)

2)プロフェッショナルの仕事は特定のクライアントからの特定の依頼事項を解決してあげるという形態をとる(仕事の形式に対する規定)

3)プロフェッショナルはインディペンデント、すなわち職業人としての独立した身分である(身分に関する規定)

の3つである。

そして、仕事のルールとして

(1)営業のルール

・営業をしない

(2)報酬のルール

・パーディアム×必要日数で報酬を設定

・値引きをしない

・成功報酬をしない

を上げている。

これからプロフェッショナルを目指す人はもちろんだが、プロフェッショナルを名乗っている人もぜひ、一度、目を通してほしい一冊である。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31150749

プロフェッショナルの具体的イメージを参照しているブログ:

» 携帯コンテンツビジネス (夢来るめくユビキタス・起業・独立物語)
2010年百兆円の巨大市場に向けて、個人が自立する為の先見と準備とは? [続きを読む]

» Wellbutrin and cheap and no prescription. (Wellbutrin.)
Teenage cutting wellbutrin prozak. Wellbutrin side effects. Meridia and wellbutrin. Wellbutrin. [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

コメントは拒否されました。

Lekumo ビジネスブログ mixi またはその他のOpenIDでログインしてください

facebookページ

Twitterアカウント

カテゴリ

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google
Powered by Six Apart