« 持論でやる気を自己調整する | メイン | 脳を揺さぶる »

2006年11月 9日 (木)

ビンタ本

434499557001 スクーリングパッド「ビンタ本」編集制作チーム、黒崎 輝男「ビンタ本―IID世田谷ものづくり学校スクーリング・パッドの挑戦」、幻冬舎メディアコンサルティング(2006)

お奨め度:★★★1/2

スクーリング・パッドとは、クリエイターや起業家などを目指す人々が集う新しい学校であるが、単なる学校ではなく、教える側と学ぶ側のコラボレーションを基調とした学校である。その中で、生まれてきた刺激的な多くのメッセージを採録した一冊。

仕事とは」「人生とは」「幸せとは」そんな問いへのヒントが満載されている。

「ビンタ本」というタイトルは一風変わった書名でああるが、これはスクーリングパッドのリーダーの一人である黒崎輝男氏が「ビンタをされたことのない世代に“言葉のビンタ”と“考えることの面白さ”を伝えたい」、「痛いことには意味がある、痛いことには理由がある、ビンタには意味がある」とのこと。

刺激的なメッセージのビンタを受けて、仕事や人生、そして幸せについて考えてみよう。オビの言葉もいい。

 目を覚ませ!いい仕事こそ、いい人生だ。

そういえば、同じ幻冬舎が今年刊行した雑誌にGOETHEという雑誌がある。「24時間仕事バカ」をコンセプトにした雑誌だ。この雑誌のコンセプトと通じるところがある。

B000jfz5mo01 GOETHE (ゲーテ) 2006年 12月号 [雑誌] (雑誌)

目次
What is SCHOOLING‐PAD?
The Department of DESIGN COMMUNICATION
KUROTERU SCRIPT
FOOD × DESIGN―中村悌二×黒崎輝男
The Department of RESTRAURANT BUSINESS
NAKAMURA TEIJI SCRIPT
CINEMA × COMMUNICATION―李鳳宇×黒崎輝男
CREW INTERVIEW

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31150787

ビンタ本を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

コメントは拒否されました。

Lekumo ビジネスブログ mixi またはその他のOpenIDでログインしてください

facebookページ

Twitterアカウント

カテゴリ

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google
Powered by Six Apart