« 現場リーダーの技術 | メイン | 風が吹けば桶屋が儲かる...か? »

2006年4月25日 (火)

コミュニケーションマネジメントの本

475690957401lzzzzzzz 鶴野充茂「あたりまえだけどなかなかできない説明のルール」、明日香出版社(2006)

お奨め度:★★★★

かなりディープなコミュニケーションの本。準備で8割が決まるといっているように、コミュニケーションの技術そのものよりは、コミュニケーションマネジメントのノウハウに重点が置かれている。

・説明する前にシナリオを準備しよう

・説明する前に相手の答えを予想しよう

・ひとつのことをさまざまな視点で見よう

・聞かれる以上の情報を用意しておこう

・説明の「種類」をはっきりさせよう

・本当に目の前にいる人は説明すべき人なのかを考えよう

・会う前に電話かメールで概要を伝えよう

といったルールが101並んでいる。プロジェクトマネジャー必見の一冊。

このシリーズ、ブログでも「あたりまえだけどなかなかわからない組織のルール」を取り上げているが、人気シリーズになってきて、内容も充実してきた感がある。この本のようにあまり世の中にない視点でまとめた本をもっと出してほしい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31150999

コミュニケーションマネジメントの本を参照しているブログ:

» 3 犯人には銃を与えない (カーネギーを学ぶ会)
失敗は許されない交渉 命を懸けて人質犯人と交渉を挑んできたNY市警の現役公証人が絶対に失敗できない交渉術を公開! それは以外にも相手と信頼関係を築くという意外な方法でした 本書を詳細に徹底的に解説しました... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

コメントは拒否されました。

Lekumo ビジネスブログ mixi またはその他のOpenIDでログインしてください

facebookページ

Twitterアカウント

カテゴリ

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google
Powered by Six Apart