« 言行一致の組織を作る | メイン | リーダーのためのとっておきの1冊 »

2005年12月28日 (水)

実感としてわかる組織論

447843022509lzzzzzzz_2 野田稔「組織論再入門―戦略実現に向けた人と組織のデザイン」、ダイヤモンド社(2005)

お奨め度:★★★★

組織論というのは難しい。その難しさは何だろうと考えてみて、思い当たることは、マクロ組織論とミクロ組織論の遊離にあるように思える。組織に属する人が、組織論を実感を持って理解するには、マクロとミクロの関連付けが必要で、そのような組織論の本というのはありそうでなかった。

マクロ組織論を学んだ人も、ミクロ組織論を学んだ人も、新しい視点で組織論を学ぶことができるという意味で、まさに再入門書に適している。

その意味で、組織論のテキストとしては画期的な一冊である。マネジャーはマクロ的な視点から、平社員はミクロ的な視点なら、それぞれの別の世界が見えるような工夫がされているので、ほ~と思って読める組織論の本になっている。

著者の野田先生の本に

4569628125 野田稔「コミットメントを引き出すマネジメント―社員を本気にさせる7つの法則」、PHP研究所(2003)

という本がある。この組織論再入門の組織観はこの辺にあるように思えるので、併せて読まれることをお奨めしたい。この本は

●第1章 コミットメントの引き出し方
●第2章 今なぜコミットメントなのか
●第3章 コミットメント経営のベストプラクティス
●第4章 コミットメントマーケティング~コミットメントの組織浸透

といった内容であるが、とてもよい本であるので、組織論に興味がない人にもこちらの本は薦めたい。

==========

banner_04人気ランキング投票! → クリック!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/605869/31151081

実感としてわかる組織論を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

コメントは拒否されました。

Lekumo ビジネスブログ mixi またはその他のOpenIDでログインしてください

facebookページ

Twitterアカウント

カテゴリ

Powered by Google

  • スポンサーリンク
  • サイト内検索
    Google
Powered by Six Apart